スマートスピーカーがやってきた

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 橋田紀孝です。

「スマートスピーカー」

テレビでも報道されているのでご存知の方も多いかと思います。

「スマート(賢い)」スピーカーです。

どう賢いのかと言うと「AI(人工知能)」を搭載したスピーカーで、

話しかけると答えてくれます。

日本ではLINE、Google、ソニーが発売していて、

来月にはAmazonからも発売になります。

今回、僕はGoogleのスマートスピーカー「Google Home」を購入してみましたので、その感想をいくつかあげてみたいと思います。

1 まさに「話しかける」感じ

スマホもAI機能がありますが、のぞいて話しかけるのではなく、

部屋のどこにいても話しかけるだけでちゃんと聞いてくれます。

耳がいいですね(笑)

2 「オッケー」や「ヘイ」よりも日本人なら「ねぇ」

話しかけるときは「ねぇGoogle」です。

「オッケーGoogle」とか「ヘイSiri」とか恥ずかしいので

これは良かったです。

3 定番が便利

やはり一番日常で使うのは定番の機能。

「明日の天気は?」「今何時?」「タイマーを3分にセット」など。

手が離せなくても声だけでできるのは便利です。

4 ラジオが聴ける

インターネットサイマル放送「radiko(ラジコ)」と連携しているので

「TBSラジオを流して」というだけで今放送中の番組を流してくれます。

電波ではないのでノイズのないクリアな音で聴けます。

スマホやパソコンでも聴けますが、これは便利です。

radikoによってラジオを聴く人が増えたそうですが、

また更に増えるかもしれません。

5 音楽は微妙

Google Homeは音楽配信サービス「Spotify(スポティファイ)」に対応しています。

有料のサービスですが無料でも利用できます。

「ねぇGoogle、perfumeの曲をかけて」というと

「Spotifyからperfumeのステーションを再生します」と言いますが、

流れてきたのは確か「m-flo」?

ほかのアーチストも試しましたが、たまに当たっても1曲目だけだったり…。

有料会員になればちがうのでしょうか…?

6 電気もつけられる…らしい

対応した電球を使うと「電気をつけて」などの指示ができるようです。

ということで短い期間での利用ですが、感じるのは

「未来、確実に来てる」感です。

Amazonのスマートスピーカーは買い物もできるようですし、

将来的にはもっと賢くなって声だけで

いろいろなことができるようになりそうですね。

デジタルに弱い人にも歓迎されそうですが、 問題は方言に対応していないことですかね…。

それもそのうちクリアできそうな気もしますが(^_^;)

★iPhone 8はこれまでの集大成!

★子供が喜ぶラベル作り

★思い出をデジタル化・ビデオテープ

デジタルライフ・コンシェルジュ 橋田紀孝 デジタル&コミュニティサロン エムネット(栃木) https://www.mnetpcs.com https://www.facebook.com/mnetpcs/ http://mnetpcs.sunnyday.jp/blog_new/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。