美術館の絵を使って楽しもう

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの倉石治子です。

みなさん、パソコンやタブレットの背景はどんな画像にしていますか? 買った時のまま?もともと用意されている画像からのチョイス?自分で撮った写真?ご家族の写真?

いつも目にする場所なので、時々変えてみると気分も変わります。モノは一緒でも、なんか新しくなったような気にもなれるかも?(笑)

私も自分で撮った写真とか、子供が撮った写真とかにしていますが、たまに変えてみるのが「絵画」。美術に詳しくなくても、なんとなく好き、とか、なんとなく惹かれる。そんな絵はみなさんもあると思います。(私も全然詳しくないです~^^)

美術館にはたくさんの絵画があるので、いろんな絵に出会えますね。でも世界の有名美術館にはそうそう足を運ぶことはできません。日本で展示会をやっていても、撮影禁止になっていることがほとんど。

ところが!有名美術館には、インターネット上に絵画などの展示品の写真を公開しているところがあるんです。しかも、非商用の個人的な利用であれば(←ここ、大事です!)高画質画像をダウンロードして自由に楽しむことができます。

例えば、 メトロポリタン美術館(https://www.metmuseum.org/art/collection

アムステルダム国立美術館(https://www.rijksmuseum.nl/en/rijksstudio

博物館でも。 スミソニアン博物館(https://archive.asia.si.edu/collections/edan/default.cfm

博物館なので、絵だけではなくいろんな展示物があります、 ※いずれも英語表記です。

英語表記が気になる人は、こちらのサイトが分かりやすいかも。 パブリックドメイン美術館(http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/index.html

美術館のサイトではないですが、著作権保護期間が終了したパブリックドメインの絵画の画像データを集めたサイトです。パブリックドメインなので、安心して使えます。

メトロポリタン美術館で実際にダウンロードしてみましょう。

1. メトロポリタン美術館のサイトを開く

2. 絵を検索する

画家の名前や、絵の名前、国などで、キーワード検索またはカテゴリ検索できます。 今回は尾形光琳を英語「korin」で検索してみました。検索ボックスに「korin」と入れてエンターキーを押します。

尾形光琳の作品を中心に、似たような日本画も結果に表示されます。

3. 気に入った絵をクリックする

4. 絵が1枚だけ表示されます。

5. 絵の右下の「Download」をクリックします。

6. 絵が拡大表示されます。

7. 絵の上で右クリックして表示されるショートカットメニューの中から、「名前を付けて画像を保存」をクリックします。

8. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されるので、任意の場所に保存する

パソコンにダウンロードできたら、使い方はアイデア次第ですね。 デスクトップ背景にしたり、Tシャツにプリントしたり、ポストカードにしたり、便箋やメモにしたり。お気に入りの絵画の画像データを使って、いろいろ楽しんでみましょう。

先ほどの絵をデスクトップにしてみました。金箔なので派手かと思いましたが、意外と渋い背景になりました(^^)

デジタルライフ・コンシェルジュ 倉石 治子 たのしいパソコン教室みっぷす 教室HP https://www.mips-nagano.com/ 教室ブログ http://mipsnagano2.naganoblog.jp/ 個人ブログ http://halu39.blog.fc2.com/ Instagram(個人)  https://www.instagram.com/hanaco_kura/ Instagram(写真整理・デジタル関係) https://www.instagram.com/halu_39/ Pinterest https://www.pinterest.jp/hnc39/

175回の閲覧

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。