体験型デジタルアートテーマパークに行ってみた!


こんにちは パソプラ編集部です。

超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が、東京・豊洲に7月7日から2020年秋までの2年間限定でオープンということで早速行ってきました。

どんな内容かはプロモーションビデオを見てもらった方が早いでしょう。

「凄い!」「楽しい!」体験ができますが、ここではこれから行かれる方へのちょっとした注意点を中心に進めていきます。

●傘を持っていく

チケットの予約は30分刻みですがそれでも人気のテーマパークなので外で待たされます。

(「プライオリティレーンチケット」を購入すればおそらくそのまま入れるようです)

晴れの日は炎天下対策の日傘。雨の日は普通に傘を持っていくことをおススメします。

入ってすぐに手荷物はすべてロッカーに預けるのでじゃまにはなりません。

●服装に気を付ける

水の中を歩くアトラクションがあるので入ったらすぐに裸足になります。

20cmぐらいの深さがあるのでスキニーはNG。裾が膝ぐらいまで捲れるようにしておきます(短パンの無料貸し出しもあります)。

床が総カガミ張りのところが結構あります。スカートも避けた方が良いでしょう。

●フラッシュ撮影禁止

撮影はOKですがフラッシュはNGです。あらかじめ「発光禁止」にしておきましょう。

全体に暗いので手振れ注意です(動画の方が良いかもしれません)。

入場券代わりのビニール製防水スマホケースを全員に配られます(後で回収)が、ケースに入れたままだときれいに写りません。しかし防水機能のないスマホはくれぐれも水のところでは落とさないように注意しましょう。

THETAのような360°カメラがあればぜひ持っていきましょう。

こんな感じで撮影できます(ネタバレ注意)。

360°写真

https://photos.app.goo.gl/DwCVC1AtQtq3d3Wd6

360°動画

https://photos.app.goo.gl/sti5EbTA17FNvXfM9

●アプリを入れておく

詳細は画像をクリックしてリンク先を見てください。

例えばお台場の場合、花が舞うアトラクションでスマホから蝶を飛び放つことができます。

実際にやってみた映像がコチラ(暗くてわかりにくいです)

https://photos.app.goo.gl/PEbcBMnVRivmM7DY6

この teamLab(チームラボ)の企画は全国いろいろな場所で開催されているようです。

Exhibitions | teamLab / チームラボ

実際に体験すると今までに無い体験・没入感が味わえます。

早めにチケットを取って、一度は出かけてみてくださいね。

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ パソプラ編集部 Instagram:@pasopla.writter Twitter::@pasocoop

51回の閲覧

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。