ワンランク上の動画撮影を!

デジタルライフ・コンシェルジュの竹島均です。 私は写真撮影も好きですが、動画の撮影もけっこう好きなんです。 景色などを撮影して、音楽などを加えて編集したりして、自己満足しております(^^; ご存知のように私はランニングが趣味なので、いろいろなところを走りながら撮影することも多いです。 デジカメやスマホで撮影することもありますが、そこそこ重いので小型のアクションカメラというものを使っています。 アクションカメラといえば、Goproというカメラが有名ですが、なかなかいいお値段(^^; で、私はほぼ同じサイズの安いアクションカメラを使っています。 小型で軽いので、持って走りながら撮影するのもけっこう楽なんです。

SJCAM

でも・・・走りながらだとブレます(・_・;) できる限り手を動かさないようにしていても、やっぱりブレます(^^; たとえば、こんな感じ。

じっくり見てると酔いそうです(;´▽`A`` 歩いてるならともかく、走ってるとねぇ・・・・。 でも走ってる時の「景色が流れていく感じ」が好きなんですよね。 動画編集ソフトやYoutubeなどでも「ブレ補正」ができるものがあります。 今回はWindows Movie Makerでブレ補正してみました。 その動画がこちら。

だいぶ見やすくなりましたね。 でも、やっぱり全体的には画面が安定しないし、外側が歪むような感じになってしまいます。 補正すると画角が少し狭く(外側が切り取られる)なるし、画質も落ちてしまうんですよね・・・ そこで、最近、「ジンバル」と呼ばれるものを買ってしまいました(^^; 説明の前に、まずは見てみてください。 同じカメラで撮ったものですよ。

いかがですか? 安定感が全然違うでしょ?もちろん、これ、走りながら撮ってるんですよ。 特にカメラを横に向けたときに、ス~っと流れるように向きが変わるのが凄いです。 ジンバルというのは、モーターを使ってカメラの向きを制御するものです。 そのモーターもブラシレスモーターと言って、全く音がしません! 今回、私が購入したものはGopro専用のものです。

私のアクションカメラはGoproとサイズがほぼ同じなので問題なく使えました。

電源を入れて動かしてみますね。 いくつかのモードがあるのですが、今回は「カメラの上下方向が固定されて、左右方向はゆっくりと追従する」というモードです。

なんか不思議な感じ(^^; 他にも全方向にゆるゆると追従するモードや、常に1点を見つめるモードなど、いろいろあるようです。 また、BluetoothやWi-Fiでスマホと接続してリモートコントロールも可能。 底部は通常の三脚や、自撮り棒なども取り付けられます。

以前はこの手のジンバルは3万円~5万円以上はしていたのですが、今は2万円以下で買えるようになってきました。 Gopro用以外にも最近はスマホ専用ジンバルも2万円以下くらいでいろいろ出ています。 こちらはアプリを使えば写っている人を識別して追従したりとか、いろいろできるようです。 (実はかなり欲しくなってます・・・が、我慢ガマン(;´▽`A``) amazonなどで「ジンバル」で検索するといろいろと出てきます。 そのうち我慢できずにスマホ用ジンバルを買っちゃったら、またレビューしますね~(;´▽`A`` 最後に、森を30分ほど走ってる動画を。 音は消してありますので、バックグラウンドで好きな曲を流して、バックグラウンドビデをなんていかがでしょう? あと、自宅にトレッドミルやエアロバイクなどがある方は、テレビなどの大画面に映してその前で使えば、ほんとに走ってる気分を味わえる! かも?(^^;

デジタルライフ・コンシェルジュ 竹島均 @ほ~むパソコンじゅく(北海道)

教室HP http://www.nopporo.com/Jognote

http://www.jognote.com/users/251324fitbit

https://www.fitbit.com/user/55BMHZ

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。