iPhone・iPadで使うアプリを制限する

こんにちは、デジタルライフコンシェルジュの大礼です。

携帯会社に行くと、展示してあるスマホやタブレットの画面が自由に変更できなくなっていることがないですか?

調べものなどで、お子さんにスマホやタブレットを貸さないといけないけど、他のアプリを触られるのは困るという時などに便利な機能があります。アプリを一つに固定してしまう機能です。

iPadでご説明しますね。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」に進みます。

「ショートカットを表示」をオン(緑)にします 設定はこれでOKです。

※「アクセスガイド」をオンにします

次に、使いたいアプリを開きます。

今回は、scratchjr を開きます アプリが開いたらホームボタンを3回押してください。素早く、リズム良く!

すると、上下に黒い帯が現れます。ここで、右上の「開始」を押します。

※アクセスガイド 拡大鏡との選択画面が表示された場合は「アクセスガイド」をタップしましょう。

パスワードの入力が求められます。

設定が完了すると、アプリを終了することが出来なくなり、他のアプリを使うことが出来なくなります。

ただ、このままだと、画面を終了することもできないので、左下の「ハードウェアボタン」の「オプション」をタップして、「スリープ/スリープ解除ボタン」をオン(緑)にしておきましょう。ボリューム変更を許可する場合は「ボリュームボタン」もオンにしておきます。

その他に、右下のボタンで、使用できる時間を制限することもできます。 設定した時間が終了すると全く使えなくなります。

アクセスガイドを終了するには、始めるときと同じで、ホームボタンを3回続けて押し、パスワードを入力します。パスワードを忘れてしまうと、解除できなくなってしまいます。くれぐれもパスワードは忘れないでくださいね!

夏休みに入って、お子さんやお孫さんにスマホやタブレットを使わせてあげるとき、ちょっと知っておくと便利な機能かもしれません。

Androidにも同じ機能があるようですが、私はiPad、iPhoneしか持っていないため、検証が出来ませんでした。Androidユーザーの方は調べてみてください。

デジタルライフ・コンシェルジュ 大礼 有里 脳トレとパソコン教室のパソノワ(兵庫)  HP:http://pasonowa.com/ fb:https://www.facebook.com/pasonowa

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。