• パソプラ編集部

Androidスマホ 曲名文字化けの直し方

こんにちは。パソコラ編集部です。

Androidスマートフォンに昔しパソコンで取り込んだ曲を入れると、アーティスト名や曲名が文字化けすることがあります。

これは音楽ファイルに埋め込まれている曲名やアーティスト名を管理する「ID3タグ」がWindowsの標準文字コードのShift_JISで書き込まれていて、Androidスマートフォンでは読めない文字になってしまっているのが原因です。

文字コードをUnicodeにすればすぐに解決します。読めない曲名を探して一括で変換してくれるアプリをご紹介しましょう。

音楽タグ文字化け修復

使い方は簡単です。

インストールして開くとすぐに音楽ファイルのスキャン(検索)が始まります。

しばらく待つと文字化けしていた曲名が表示されます。ここで正しく表示されないときは「Shift_JIS」をタップして別の文字コードに変更して曲名が読めるようにします。

「実行」をタップします。

修復確認画面が表示されるので「OK」をタップします。

通常安全モードでは表記の場所に変換前の音楽ファイルをバックアップしてくれるので安心です。「OK」をタップします。

「修復中です。暫くお待ち下さい……」が表示されて変換作業が始まります。

「完了しました。」が表示されたらアプリを閉じましょう。

今まで読めなかった曲名やアーティスト名が読めるようになりました。

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ パソプラ編集部 Instagram:@pasopla.writter Twitter::@pasocoop

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。