Google検索 調べ方のコツ2

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュの小田です。

前回の1回目に引き続き、Googleでの便利な検索テクニックをご紹介していきます。

第2回目は、「へえ~」「こんなこともできるんだ~」とちょっとかわった検索もご紹介していきます。

検索に利用するアプリは、AndroidでもiOSでも利用できるGoogleを使います。 Androidの方でしたらスマホの画面に「ウィジェット」が表示されていると思います。 ない場合でも、Googleのアプリを開けば大丈夫です。

検索方法は、キーボードからキーワードを入力しても良いですし、入力が面倒な場合は「音声入力」を利用しても良いですね。 音声入力で検索する場合は、【マイク】のアイコンをタップします。 音声認識の画面が表示されたら、画面に向かって調べたいキーワードを話して下さいね。

(その1)単位変換

Googleの検索では、色々な単位を変換する検索ができます。

Google 検索ボックスに数式や単位変換を入力すると、瞬時に答えが表示されます。 例えば「100平方メートルは何坪」「1ドルは何円」「100ミリリットルは何カップ」などの検索です。 普段の生活で利用する単位で知りたい時に、とても便利です。

(その2)計算

単位変換だけではなく、Google検索では計算をさせることもできます。

例えばレストランで食事をして割り勘にしたい時、「電卓アプリはどこかしら?」とスマホの画面をスワイプしてアプリを探さなくても、「37800わる4」というように、「金額 わる 人数」で検索します。画面には計算結果とともに電卓が表示されます。

割り算だけでなく、掛け算、引き算、足し算でもOKです。 電卓を表示させたい時の検索のコツは、金額の後に「円」と付けないことです。 「37800円 わる 4」での検索では、答えは表示されますが電卓は表示されません。

(その3)動物の鳴き声を調べる

ちょっとかわったところでは、Google検索で「〇〇〇の鳴き声」で動物の鳴き声を聞くことができます。

例えば「ライオンの鳴き声」で検索すると、ライオンの鳴き声を聞くことができます。 【スピーカー】をタップすれば、何回でも聞くことができます。 画面の動物のイラストの部分を横にスワイプすると、他の動物が表示されます。 最後の【→】のアイコンをタップすると、他の動物の一覧が表示されます。 色々な動物の鳴き声を聞いてみてください。

(その4)単語の発音を調べる

英語の発音を知りたい時には「こんにちは 英語」というように、「単語+英語」で検索します。

【スピーカー】のアイコンをタップすれば、何回でも聞くことができます。 さらに、左下の【英語】の部分をタップすると、別の言語の一覧が表示されます。

ここでは【韓国語】をタップしています。 「こんにちは」の韓国語が調べられました。発音は【スピーカー】のアイコンをタップして確認します。

もちろん、最初から「こんにちは 韓国語」で検索することもできます。 あまり長い文章は出来ませんが、簡単な内容でしたら単語だけではなく、文章を調べることもできます。

「今日は暑いですね」の英語の文章を調べてみました。

ちょっとした英語のレッスンがGoogleの検索で出来ますね。

今回は2回にわたって、色々なGoogleの検索テクニックをご紹介しました。

特別なアプリをインストールしなくてもGoogleアプリだけでこれだけのことが調べられます。 Googleの検索テクニックを知るだけでもスマホ活用の幅が広がりますね。

デジタルライフ・コンシェルジュ 小田晶季子 パソコープあきる野・昭島教室(東京) 教室HP:http://www.pclesson.jp/ 自分のブログ:あきる野・昭島教室日記 http://blog.livedoor.jp/akiruno1/

61回の閲覧

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。