消去したSDカードの写真を復元!

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。

先日、一眼カメラ講座の生徒さんが

「先生、撮影会の写真を取り込んだと勘違いして消してしまいました!」と。

カメラで使うSDカードやパソコンで使うHDD・USBメモリーは、データーを消去しても通常の操作であえればデーターの管理部分に消去のマークを付けるだけで実データーは消えていません。

当然使い続けるとその部分に新しいデーターが上書きされてしまいますが、消去してすぐであれば復元できる可能性が高いです。

今回はパソコンで使うデーター復元ソフトをご紹介します。

DiskDigger

ダウンロードはこちらの画面より「Download」をクリックします。

ダウンロードしたファイルを解凍してWクリックすれば起動できます。

(起動する前に復元するSDカードやUSBメモリーをパソコンに繋いで認識させておきます)

使用許諾(License Agreement)の画面が表示されるので「同意する」をクリックします。

Languageを「日本語」に変更

復元したいメディアをクリックし、「次の」をクリックします。

スキャン方法の選択ですがそのまま「次の」をクリックします。

復元させるファイルの種類を選択します。今回はカメラの写真画像のみなので「何も選択しません」を一度クリックしてすべてのチェックを外し、「JPG」のチェックのみを選択します。

「次の」をクリックします。

スキャンが始まります。終わるまで待ちます。(今回は約30分)

「ドライブのスキャンを終了しました。~」のメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。

「ファイル名」「サイズ」「修正日」それぞれクリックすると並び変えられます。

ファイル名をクリックするとプレビューが表示されます。

復元したいファイルを選択し「選択されたファイルを保存」をクリックします。

復元ファイルを保存するフォルダーを選択(または作成)し、「OK」をクリックします。

(同じメディアを指定しないことを推奨)

「続行登録なし」をクリックします。

※ ボタンが押せるまで5秒間待つ必要があります。また無料版の場合、復元できるのは1枚ずつです。

フォルダーを開いてファイルが保存されていることを確認します。

復元するファイル数が少ない場合は無料版で、大量のファイルを復元する場合は

http://diskdigger.org/purchase

より購入できます。

$14.99(約1,660円)ですので個人的には購入して復元をしました。

(他のフリーソフトも試しましたがそちらでは復元できなかったので)

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

HP:https://www.misatokyousitu.com/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。