フリー素材とアイロンでクリアバッグ(前編)

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュの西千草です。

春の陽ざしが心地よい季節となりました。この季節になると持ちたくなるクリアトートバック(ビニールバック)

今回はこのバッグにインする袋をアイロンプリント用紙で可愛く作ってみました。

新型コロナウィルス感染症の拡大予防のため、家で過ごす時間が多い中、是非お気に入りの素材を 集めて、デザインしてみませんか?

今回は【前編】として、インターネットからフリー素材の集め方と、集めた素材でデザインするところまでをご説明したいと思います。

【用紙するもの】

① クリアトートバック(100 均で購入できます)

② A4 アイロンプリント用紙(カラーT シャツ用)× 2枚

③ 裏地になる厚手の布 A4 サイズ × 2 (100 均のランチョンマットなどもおすすめです)

【使用ソフト】

●Microsoft Edge (フリー素材サイトにアクセスします) ●ワード(集めたフリー素材を使ってデザインします)

1、素材を集めよう!

次のサイトから「カテゴリから探す」をクリックします。

無料イラスト素材Good

私は犬が好きなので カテゴリ一覧から「動物」-「犬」-「犬背景」へと進んでみました。

ここでは「犬柄かわいい背景(青ブルー)無料イラスト 81813」をクリックします。

(バックの背景をイメージしてお好みの素材を探してください) クリックすると大きめのサンプル画像が表示されます。そのサンプル画像よりさらに下へスクロ ールしていき、「PNG(画像)無料ダウンロード 」をクリックします。

同様に カテゴリ一覧から「動物」-「犬」-「キャバリア」から我が家の愛犬にそっくりの画像 を保存しました。 (このようにバックをイメージしてお好みの素材を保存してください)

2、ワードでデザインしよう!

ワードを起動し、印刷の向きを「A4 横」にします。 集めた素材を背景から順に挿入していきます。

ここでは他にも「図形」より四角形を挿入、黄色で塗りつぶしてみました。

上下左右それぞれ約 15mm はのりしろとなります、また用紙下から約 15mm(のりしろ含)は底面になりますので考慮してデザインします。

「ビニールバック 表面」として保存します。

同様に裏面も作成し「ビニールバック 裏面」として保存します。

表面・裏面それぞれ「アイロンプリント用紙」に印刷します (ガイドラインは印刷時には削除します) 。

次回は【後編】として仕上げの手順を紹介したいと思います 。

続きはこちら

デジタルライフ・コンシェルジュ 西 千草 ホームコンじゅく瀬戸赤重教室(愛知) http://happyhours.jp/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。