Windows10を遠隔操作「クイックアシスト」

こんにちは、デジタルライフコンシェルジュの橋田紀孝です。

テレワークで在宅で仕事を行うことが増えてきていますが、オフィスにいれば簡単に隣の人に聞けるようなパソコンのトラブルもテレワークではそうはいきません。 そこで相手のパソコンの画面を見ながら遠隔操作できるアプリが必要となりますが、今回はWindows10に標準で付属する「クイックアシスト」をご紹介します。

「クイックアシスト」はWindows10(Anniversary Update以降)に付属しているアプリで、遠隔で相手のパソコンの画面を確認したり、操作をしたりすることもできます。

起動するにはスタートボタンをクリックし、「Windowsアクセサリ」をクリックし、「クイックアシスト」をクリックします。

相手のパソコンを見る側(以下「ホスト」側と呼びます)はMicrosoftアカウントが必要となります。 パソコンの画面を見せる側(以下「ゲスト」側と呼びます)は登録は必要ありません。

「クイックアシスト」を起動すると表示される画面でホスト側は「他のユーザーを支援する」をクリックします。

「セキュリティコード」という番号が表示されますので、その番号をゲストに伝えます。

ゲスト側は「アシスタントからのコード」に伝えられたセキュリティコードを入力し、「画面の共有」をクリックします。

ホスト側に「共有オプションを選択してください」と表示されるので、遠隔操作までしたい場合は「完全に制御する」を、または画面を確認するだけなら「画面を表示する」のどちらかを選択し「続行」をクリックします。

ゲスト側では「画面を共有する」という画面に変わるので「許可」をクリックします。

これでホスト側からゲスト側の画面が確認できるようになります。

「完全に制御する」にした場合はマウス操作で自由に相手のパソコンをコントロールできます。キーボードからの入力も可能です。 上部に表示されるツールを使うとさらにいろいろなことができます。

さて、この「クイックアシスト」は手軽に使える一方で実際に遠隔操作まで行うとかなり重たい印象を受けます。現実的には相手の画面を確認し、やむを得ない場合に遠隔で操作する、というのがいいかと思います。

とはいえ、特別なアプリなしで登録も必要なく、無料で時間制限もなしという利点を考えれば十分に活用できると感じます。

テレワークなどでパソコンに困った人を文字通り「クイック」に「アシスト」できるので使ってみてはいかがでしょうか。

デジタルライフ・コンシェルジュ 橋田紀孝 デジタル&コミュニティサロン エムネット(栃木) 教室HP https://www.mnetpcs.com/ Facebook https://www.facebook.com/mnetpcs/ ブログ https://www.mnetpcs.com/blog

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。