スマートロックにWi-Fiオプションを付けてみた

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。

以前ご紹介した記事に、自分で後付けできる「スマートロック」(スマートフォンから鍵の開け閉めができる)ガジェットをご紹介しました。

一度設置(接着するだけですが)してしまえばアプリを入れてユーザー登録をするだけで、誰でもスマホからドアの鍵の開け閉めができて便利です。

あれから2年。

毎日使っていますが電池残量も62%と省エネ長持ち。

トラブルなく使えていたのですが、先日アサイチの授業を受け持つチューターさんから「スマホで鍵が開きません!」と緊急コール。

アプリを入れ直してみてもうまくいきません。

自宅から教室までは車で20分。

授業30分前からの電話ですから取る物も取り敢えず急いで車で向かい事無きを得ました。

これまでトラブル無く使えていたものの再発防止策を考えなければなりません。

「どこかに合鍵を隠しておくか?」

しかしセキュリティ上好ましくないです。

そこでオプションの「Wi-Fi アクセスポイント」を追加することにしました。

スマートロック「セサミ」はBluetoothでスマホと接続してカギを開け閉めするので、ドアの近くで操作をする必要があります。

この「Wi-Fi アクセスポイント」を使うとこの端末をWi-Fiにつなぎ「セサミ」の近くのUSB電源に接続することでインターネット経由で遠隔地から鍵の開け閉めができるようになります。

これで「鍵が開きません!」とコールが来ても、すぐにリモート操作で開けることができます。

また 「Wi-Fi アクセスポイント」を使うことでスマートスピーカーからの操作もできるようになるようです。

ますますスマホが便利になりますが、くれぐれもスマホのセキュリティは生体認証(顔認証や指紋認証)などを使って守ってくださいね。

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

HP:https://www.misatokyousitu.com/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。