写真内の文字を検索「Googleフォト」

こんにちは、パソプラ編集部です。

今月26日「Googleフォト」のアイコンが変わりました。

(翻訳)アプリの更新に加えて、アイコンを更新して、新しく簡素化されたGoogleフォトエクスペリエンスを反映しています。

アプリも改良され、検索の機能が強化されました。

特にiPadの画面では「🔍(検索)」をタップすると上から

  • キーワード検索

  • 人物とペット(写真)検索

  • 場所

  • 被写体(写真)検索

  • アクティビティ(お気に入り・最近追加)

  • クリエイティブ(Googleフォトが加工した写真や動画)

  • カテゴリー(自撮り・動画 などの分類)

などの検索機能が充実しました。

特に場所検索の地図をタップするとマップと写真が表示され、マップには撮影された場所がグラデーションで表示され、写真一覧をスクロールすると地図上のポイントが連動して動きます。

また、地図をドラッグして動かすと今度は撮影場所に合わせた写真が連動して表示され、マップ上のグラデーションをタップするとその場所で撮影された写真が表示されます。

もちろんこれは、スマートフォンなど位置情報が写真に記録されている必要があるので、お出かけの時はカメラの位置情報をオンにすることをお勧めします。

また、昨年の8月から写真内の文字も英字・数字に限り検索できるようになりました。

(翻訳)あなたはそれを発見しました!今月から、写真内のテキストで写真を検索する機能が公開されます。 探している写真が見つかったら、[レンズ]ボタンをクリックすると、テキストを簡単にコピーして貼り付けることができます。

便利な使い方としては、ルーターに貼ってある Wi-Fi の接続設定ラベルをスマホで撮影しておきます。

後日、スマホなどを接続する際、Googleフォトのキーワード検索から「SSID」で検索すれば接続設定ラベルの写真が見つかります。

他にも名刺やお店の看板を撮影しておけば、電話番号やメールの一部でも英数字なら検索できます。

後で必要な情報は何でも撮影してGoogleフォトに入れておけば、日付・場所・カテゴリー(食べ物など)・文字などいろいろな情報から写真を探すとができますね。

スマホやパソコンの使いこなしは、ぜひお近くの「パソコープ」のお教室へ

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ パソプラ編集部 Instagram:@pasopla.writter Twitter::@pasocoop

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。