ただいま無料♪自分の描いた絵が動き出すアプリ らくがきAR

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田千恵子です。

今日から夏休みの子どもたちも多いと思います。

今夏は短期間そして外出も控えめの特別なお休みだから

おうちで遊べるアプリ「らくがきAR」をご紹介します。

自分の描いた絵がにょきっと動き出す、子どもも大人も楽しめるアプリです。

「じぶんの描いたものに命が吹き込まれたら…」という想いを具現化させたアプリ「らくがきAR」

用意するのは白い画用紙やノート、ホワイトボード。

好きな色のペンで自由に絵を描いてみましょう。

描いたらアプリでスキャン♪

自分の描いたイラストに命が吹き込まれたかのように、にょきっと立ち上がり歩き回ります。

イラストには食べ物を上げたり、突っついて飛ばしたりして遊びましょう^^

イラストを画用紙に描くポイントはご覧の通り。

・白い紙やホワイトボードなどに描きましょう

・外側の線(輪郭)は黒にしましょう

・外側の線(輪郭)はつなげましょう

・小さすぎたり大きすぎたりするとスキャンできないので気を付けましょう

命が吹き込まれたイラストたちを動画や写真で撮影することができます。

私はイラストがヘタなので手持ちのラッピングバッグのイラストに命を吹き込んでみました

^^

写真が上手く保存できないので途中経過はこんな感じです。

先に飛び出した左の子(白い矢印)がにょきにょき歩いています。影も見えますね^^

続けて次の子(同じ子ですが(^^;)もスキャンしてみました。

コツのひとつはイラストをまっすぐにすること。

このイラストはもともと斜めに配置してあるデザインですので

このままスキャンすると斜めの子に出来がりました(^^;

またスキャンのタイミングによって細長くなった子は、魚のような動きをしました(^^;

赤くふちどられた状態が安定したらスキャンボタンをタップすると上手にスキャンできましたよ^^

ただいま「らくがきAR」は8月1日より、先着1,000名限定でダウンロード無料キャンペーン実施中だそう。

夏休みのおうちの過ごし方のひとつとして、ぜひチェックしてみてください(^^)/

なお現在アプリははiOSのみ、利用にあたっては以下をご確認のうえ正しく、楽しくご利用ください。

※アプリ概要より

個人・法人にかかわらず、直接的・間接的に金銭等の利益を得る目的や催事イベントでの本アプリのご利用はご遠慮頂いております。ご利用をご希望の方は、 hello@whatever.co までお問い合わせください

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田千恵子 パソコン塾三郷教室(埼玉) https://www.misatokyousitu.com/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。