Googleフォトで想い出を探すマップビュー

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの小田です。

パソプラ読者の皆さま、毎日暑い日が続きますね。

今年の夏は特別の夏、コロナ禍の中で、帰省や旅行も取り止めてクーラーの効いた部屋でゆっくりとお過ごしになっている方も多いのではないかと思います。 私もスマホを手にして、去年の夏は、「ここに行っていたんだ」「あそこもに行ったな…」と思い返してみたりしています。

写真をたまに見返すと色々な思い出がよみがえってきますね。

そんな時にとても便利なのが、新しくバージョンアップしたGoogleフォトの検索機能「マップビュー(撮影場所)」です。

6月にバージョンアップした新機能「マップビュー」の機能により、旅行先で撮った写真や、故郷で撮った写真などを地図上から一目で見つけることが可能になりました。

それでは、さっそくやってみましょう。

Googleフォトをタップして開きます。(※Googleフォトバージョン 5.5.324526365) 【検索】タブをタップして、【地図で探す】をタップします。

※「いろいろな場所にいってみよう」のメッセージが表示されたら【今すぐ行ってみる】をタップします。 現在地情報の地図が表示されて、その場所で撮影した写真が地図上に表示されます。

【ピンチイン】【ピンチアウト】の操作で地図の表示を拡大縮小してみます。 日本地図上の色が付いている場所は、その場所で撮影した写真がGoogleフォトにあるということです。 赤く表示されているところは写真の枚数が多い地域ですので、私の場合は関東中心や、夏に毎年帰省する新潟や山形や、よく遊びに行く京都周辺で撮影した写真が沢山あることもわかります。 地図上で見ると、よく行っている場所が一目瞭然でわかるのもおもしろいですね。

地図をドラックで動かし、拡大していくと、その地域の詳細情報が分かります。 地図上に、写真がある場所の地名が表示されたので、伏見稲荷大社をタップしてみました。 この写真はiPhone11Proを購入したばかりで、夜景が綺麗に撮れるということで、伏見稲荷で夜景の撮影にチャレンジした時の写真です。2019年の11月11日だったんですね~ 懐かしいです。

新しくバージョンアップしたGoogleフォトの「マップビュー」良いですよね。 写真に記録された位置情報のほか、Googleのロケーション履歴、写っているランドマークをもとに、地図上に写真をマッピングして表示してくれます。地図から色々な思い出を探す楽しさと出会った夏休みになりました!

デジタルライフ・コンシェルジュ 小田晶季子 パソコープあきる野・昭島教室(東京) 教室HP:https://www.pclesson.jp/ 自分のブログ:あきる野・昭島教室日記

http://blog.livedoor.jp/akiruno1/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。