iPhone・iPadのマップがストリートビューより見やすい

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。

Googleマップにストリートビューという機能があります。

ストリートビューは地図上の場所を指定して、表示を切り替えるとその周辺を、実際に歩いているかのようにインターネット上で体験できるサービスです。

この機能がiOSのマップでも使えるようになりました。

(画面はiPadの画面です)

「マップ」のアイコンをタップして地図を表示します。

見たいところの地図をある程度拡大すると双眼鏡(ルックアラウンド・Look Around)のアイコンが表示されるのでタップします。

写真部分をドラッグすると双眼鏡が回転してみている方法が変えられます。

地図部分をドラッグすると双眼鏡の位置を変えることができます。

右上にルックアラウンドの「最大化」と「完了」のボタンがあります。

Googleマップの場合、検索かマップ上を長押しでストリートビューの画像(左下に回転マーク入りの写真)が表示されるのでそれをタップします。

ストリートビューが全画面で表示されます。ドラッグで視点の移動、道路をタップで位置の移動ができます。

地図上の見てる方向の認識や移動は、iOSのルックアラウンドの方が操作がしやすく感じます。

残念ながら、対応エリアはまだ日本全国をカバーしていませんが、今後徐々に対応されると思います。

iPhone・iPadをお持ちの方は使ってみてください。

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

HP:https://www.misatokyousitu.com/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。