Chrome拡張機能で簡単に短縮URLを作成

こんにちは。デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。

URLとはWebページがインターネット上のどこにあるのかを表す住所のようなものです。

各ページのURLはブラウザの上部に文字列として表示されています。

このURLをコピーしてメールやSNSに貼り付けて情報を共有することが良くありますが、場合によってはこのURLがものすごく長いものがあります。

YouTubeなどは「共有」ボタンから表示されるURLは短く再生成された短縮URLが表示されます。

短縮URLとは長い文字列のURLを短くしたものです。 Amazonの商品ページやGoogleスプレッドシートなどを共有しようとしたときに、コピーしたURLがやたらと長くなってしまうことがあります。

そんなときに役立つのが、短縮URLです。

短縮URLを生成するサービスはいくつかありますが、サイトによって短縮できない場合があります(高確率でGoogleスプレッドシートの短縮がうまくいかない)。

また見ているサイトのURLをコピーして短縮URLサイトにペーストするのは少し面倒です。

いろいろ試してみて一番使いやすく感じたのが

Chrome拡張機能の「Google Chrome™のURL短縮ツール」です。

Chromeブラウザでこの拡張機能を開き「Chromeに追加」をクリック。

「拡張機能を追加」をクリックすればインストール完了。

例えば次のGoogleスプレッドを「共有」からURLをコピーすると

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1aR7kT0ziA2CpD6Pu_oBr2-rq0fAcKRAoxdsZPU01LU4/edit?usp=sharing

になります。

これを「Google Chrome™のURL短縮ツール」のアイコン(赤枠)をクリックすると

「短縮URL」とそのコピーボタン、「QRコード」も表示され、画像をコピーして共有すればスマホからのアクセスも楽にできます。

見ているサイトを切り替える必要もなく、使い勝手もすこぶる良いです。

ちなみにこのスプレッドシートはこちらのテンプレートサイトを利用させていただきました。

Google ドキュメント テンプレート集 | サテライトオフィス

『サテライトオフィス・テンプレート集 for G Suite』では、G Suiteの Googleドキュメント(スプレッドシート、文書)利用した雛型集を公開していきます。各企業で利用するドキュメントの参考テンプレートとして、活用して頂ければと思います。

「Google Chrome™のURL短縮ツール」

「Google ドキュメント テンプレート集」

ぜひご利用ください。

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司 パソコン塾三郷教室(埼玉) HP:https://www.misatokyousitu.com/

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。