• 吉田千恵子

Phontoで文字に色やスタイルをつけてみよう



こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田千恵子です。

前回ご紹介しましたスマホ写真に文字入れできるアプリ Phonto


文字加工に関するボタンは9個あります。

そのうち無料で使えるツールは7個です。

無料で使えるもの

文字・・・・・入力文字の変更や訂正

フォント・・・フォントの変更

スタイル・・・文字色、ふちどり、背景

サイズ・・・・文字サイズ

傾き・・・・・傾き、回転

移動・・・・・上下左右の移動

カーブ・・・・上下カーブ、円

今日は文字の色やスタイルに関する機能をご紹介します。

1. 色

スタイルには【色】と【スタイル】の2種類があります。

まずは【色】をご紹介します。

【文字】

カラーパレットより好きな色をタップします。

「透明度」をスライドすると、文字が半透明になります。

【ストローク】

ふちどりを付けることができます。

カラーパレットより好きな色を付けることができます。

また「幅」をスライドして太さを変えることができます。

【背景】

文字に背景を付けることができます。

カラーパレットより好きな色をタップします。

「透明度」や「幅」で自由に編集してみましょう。

2.【スタイル】

【影】

画面下のボタンをタップすると文字に影が付きます。

一番左は影を外すことができます。

影の色を変えても良いですね。

【間隔】

文字と行の間隔を調整することができます。

【下線】

文字に下線を付けることができます。

「スタイル なし」をタップします。

好きなスタイルをタップします。

下線が付きます。

下線の色は文字色が反映されます。

終わったら右上の「完了」をタップします。

キャンセルする場合は左上の「✖」をタップします。

完了後編集をとりやめたい場合は、それぞれの中で項目内で「なし」や数値を「0」に戻しましょう。

Phontoの中でも「スタイル」は良く使う機能かと思います。

まずはいろいろ触って確認してみてください^^

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田千恵子

パソコン塾三郷教室(埼玉)

https://www.misatokyousitu.com

最新記事
アーカイブ
タグ検索