• 西千草

面倒な人物の切り抜きをワンクリック!

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュの西千草です。

ポストカードやチラシなどを作成するとき「写真からここだけを切り抜きたい」って思ったことありませんか?

また切り抜いた画像をつかってデザインしてある作品を見かけることも多いですよね。

これらは画像編集ソフトGIMPなどを使えばきれいに切り抜くことができます。

でももっと簡単に人物だけの切り抜きなら、「remove.bg」というWEBサービスがあることを雑誌で知りました。このサービスはAIによって画像から人物だけを判断して切り抜いてくれるそうです。早速試してみました。

① ブラウザ(Chromeがおススメ)のアドレスバーに「https://www.remove.bg/」を入力し、サイトにアクセスします。 「Select a photo」をクリックします。

Remove Background from Image – remove.bg

② パソコン内から画像(3歳の私です)を選択し、「開く」をクリックします。

③ 以下のような画像認証の画面が表示されます

ここでは「信号機」のタイルを指示通り選択し、「確認」をクリックします (質問は都度変わります。間違えてしまっても次に質問に答えればいいので大丈夫です)

④ すると②で選択した画像がアップロードされ、左側に「元の画像」、右側に「切り抜いた画像」が表示されます。とてもきれいに切り抜かれています。このように問題がなければ右側の「Download」をクリックし指定の場所に保存します。ファイル形式はPNGとなります。

【切り抜き完成】

⑤ 続いてこちらの写真(小学生の私と友人)でも試してみました。

すると「切り抜いた画像」にもう一人の友達の不要な足が!!そんなときは「Edit」をクリックします。

⑥ 編集画面に切り替わりますので「Erase」をクリックし画像の不要な箇所をドラックして消すことができます。ただし消しゴムブラシのサイズは大きくて使いにくい場合もあります。やり直したい場合は「Reset」をクリックすると最初からやり直すことができます。

⑦ 消せたら、「Save」をクリックするとダウンロードできます。

最初に切り抜いた画像をつかって、画像編集ソフト「GIMP」を使ってこのような愛犬ちょこ助との仲良しポストカードを作ってみました。

今までは画像編集ソフトでしかできないと思っていたことも、こんなサービスがあれば敷居も低くなり楽しさが膨らみます。ぜひお試しください。

ただしこのWEBサービスは人物限定ですので、愛犬「ちょこ助」は「GIMP」でコツコツと切り抜いたものを使用しています。

パソプラ「2017-6-23 犬フォトでポストカード」の記事を参考にしてください。

【ポストカード完成】

デジタルライフ・コンシェルジュ 西 千草 ホームコンじゅく瀬戸赤重教室(愛知) http://happyhours.jp

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。