• 吉田智司

自宅のWi-Fiの電波の強さが見れる

こんにちは、デジタルライフコンシェルジュの吉田です。



スマホやパソコンだけでなく、今やテレビ・プリンタ・ゲーム機・VRゴーグルなど無くてはならないのが無線LANであるWi-Fi。


「ここWi-Fi飛んでんな」

メイプル超合金のカズレーザーみたいにWi-Fiの電波が見られる人はいいですが、普通は見られません。


Wi-Fiルーターは設置場所や向きによって電波の飛び方が変わります。


設置場所のポイントは

  • できるだけ間取りの中心に置く

  • 電子機器・家電品の近くはノイズが多いので避ける

  • 壁や水槽は電波が弱まる

  • アンテナがある場合はアンテナに対して同心円方向に電波が飛ぶので向きを調整する

です。


使う場所が離れている場合、中継器やメッシュWi-Fiの導入すると快適になります。


そうはいっても現状の電波強度がわからないと対策の立てようがありません。

そんな時に便利なアプリがあります。




Wi-Fiに接続して電波の強さが測れるアプリです。

また間取り図を読み込んでそれぞれの場所で計測することで全体の電波状況を把握することができます。



アプリを起動するとすぐにその場所の電波強度を測ります。

0~100で表示されリアルタイムに数値が変わります。

スマホの向きやちょっとした障害物で変わりますが、おおよその目安になります。



面白いのは「ヒートマップ」です。

間取り図(手書きでもよい)を読み取ってそれぞれのポイントで計測できます。

「ヒートマップ」から「開始」をタップ。

左上の図の読み込みをタップ。

手書きの図を写真で撮るか、あらかじめスマホに保存した図を読み取ります。



間取り図が表示されます(図はサンプルです)。

それぞれの場所で間取り図の同じ場所をタップするとその場所の電波強度を測定し表示されます。

測定ポイントが多くなるとどこがWi-Fiが届きにくいか調べることができます。


Wi-Fiルーターは光ファイバーの導入口などの関係なかなか移動が難しい場合が多いです。

中継器やメッシュWi-Fiを設置する前に間取り全体の電波状態がわかると目安になるので便利ですよ。


デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

https://www.misatokyousitu.com/

最新記事
アーカイブ
タグ検索