• 増田直樹

Appleの忘れ物防止AirTag(エアタグ)注文してみました

デジタルライフ・コンシェルジュの増田直樹です。

4/30発売、Appleの忘れ物防止タグ AirTag(エアタグ)です。

我が家には5/1に宅配で荷物が到着。


4コ入りのパッケージを注文してみました。



500円玉より少し大きいぐらいの、ぷっくりしたメダルのような物体。

スイッチなどは一切ありません。

シールをはがすと、ピピピっと音が鳴って、それで使えるようになります。

シンプルな作りです。




iPhoneに近づけると、AirTagを認識します。

接続を押すと、持っているiPhone(Apple ID)と連携できます。

AirTagに名前を付け、絵文字を決めます。



私は財布に入れて使ってみようと思い、「財布」としてみました。

財布を離れたところに置いてから、iPhoneの【探す】アプリで探してみます。

iPhoneを持ちながら探してみると、対象物(この場合財布に入れたAirTag)までの距離が表示されます。




実際の様子は妻が撮影した動画をご覧ください。




AirTagを使ってみた 置き忘れたお財布の場所がわかる!

AirTagを何かに入れておこうと思いました。

キーホルダータイプも売られていますが、お財布に入れるので、先日妻がパソコンで作ったポチ袋に入れてみました。



このポチ袋は文香入れとして作ったようですが、ちょうどAirTagが入りそうだなと思い、入れてみるとピッタリ収まりました。このままお財布に入れてみます。



そのままカバンにポンと放り込んでもいいでしょうし、手作りのきんちゃく袋に入れてもいいでしょう。

お財布、カバン、ポーチ、傘、杖、ついつい手から離して置き忘れてしまいそうなものにつけておくとよいでしょう。

また車の中において置いて、駐車場どこに停めたっけ?

という使い方もできると思います。 




いつも同じものに付けるというより、その時々で手を離しそうなものに付けておくといい感じがします。

着脱の簡単なキーホルダータイプに仕込んでおけば、思いついた時に付け替えができますしね。


今回は「財布」と名前を付けてみましたが、4つあるから「1号」「2号」「3号」「4号」にしてみるも良いし、「太郎」「次郎」「三郎」などにしてみるのも良いかもです。

「Siri私の1号を探して」とかできそうです。



これからの季節、お気入りの傘をついうっかり、ということがありそうなので、出かけた時に傘に付けるのもいいかな、と思います。


忘れ物が多くなってきたiPhone、iPadユーザーの人におすすめの一品です。



これらスマホのアクセサリ品などで、何かお悩みやご要望、ご相談などがありましたたら、ぜひお近くの「パソコープ」加盟のお教室をお訪ね、ご相談なさってみてください。


デジタルライフ・コンシェルジュ 増田直樹

パソコムプラザ(千葉・東京)

パソコムプラザHP https://pasocom.net/

Facebook https://www.facebook.com/pasocomplaza

Twitter https://twitter.com/naoki7655

Instagram https://www.instagram.com/naoki7655/

最新記事
アーカイブ
タグ検索