• 橋田紀孝

iPhoneショートカットを実行する「オートメーション」

こんにちは、デジタルライフコンシェルジュの橋田です。

前回はiOSの「ショートカット」機能を使って、ワンタッチでプレイリストを再生したり、LINEのトーク画面を開く方法をご紹介しました。



今回は特定のタイミングでショートカットを実行する「オートメーション」をご紹介します。


「オートメーション」はショートカットを設定した「きっかけ(トリガー)」を基に実行するものです。

トリガーにはいろいろあると思います。

例えば

  • 職場に着いたとき

  • 車に乗ったとき

  • LINEアプリを開いたとき

などです。


「ショートカット 」アプリの「オートメーション」を開いて右上の「+」をタップします。

「個人用オートメーションを作成」をタップします。


トリガーに設定できる項目の一覧が表示されます。



今回は、職場に着いたときに「リマインダー」のリスト「今日のタスク」を表示するオートメーションを作成してみます。


トリガーは「職場に着いたとき」になりますが、考え方はいろいろです。出社時間を設定してもいいでしょうし、位置情報機能で「到着したとき」を使ってもいいでしょう。また、職場のWi-Fiに繋いている人なら「職場のWi-Fiに接続されたとき」という考え方もあります。


今回は「職場に到着したとき」としてみます。


「到着」をタップします。

「場所」の「選択」をタップします。



「検索または住所を入力」に職場の住所を入力します。今職場にいるなら「現在地」をタップします。

表示された住所をタップし、「完了」をタップします。


時間の指定もできます。今回は出入りの度にではなく朝だけにしたいので「時間範囲」をタップします。

午前中に設定してみます。開始を「8:00」に、終了を「10:00」にて「完了」をタップします。



これで「トリガー」の設定ができました。「次へ」をタップします。

「アクションを追加」をタップします。



今回は「リマインダーのリストを表示する」ことになりますので、「App」をタップします。

オートメーションで設定できるアプリの一覧が表示されます。ここに表示されていないアプリは使うことができません。


「リマインダー」をタップし、「リマインダーリストを表示」をタップします。

青文字の「リマインダー」をタップし、表示するリスト(今回は「今日のタスク」)をタップします。


「今日のタスクを表示」と表示されたら「次へ」をタップします。

これで職場に午前中に到着したときに「今日のタスク」を表示するオートメーションが完成しましたので「完了」をタップします。



職場に到着した時にはこのように通知が表示されます。


通知を開くと実行するかどうか聞いてきますので「実行する」をタップします。


リマインダーが表示されます。



今回はトリガーに「到着」を指定しているため実行前に確認を求められます。 自動実行されるすることもできます。


※自動オートメーションに指定できないもの

  • 到着

  • 出発

  • 通勤/通学する前

  • メール

  • メッセージ

  • Wi-Fi

  • Bluetooth


※自動オートメーションに指定できるもの

  • 時刻

  • アラーム

  • スリープ

  • CarPlay

  • Apple Watchワークアウト

  • NFC

  • App

  • 機内モード

  • おやすみモード

  • 低電力モード

  • バッテリー残量

  • 充電器



確認を求めないようにするにはトリガーを「到着」ではなく「時刻」にするなど工夫する必要があります。


例えば「CarPlay対応の車に接続された時に自動でプレイリストを再生する」など、工夫次第でいろいろな使い方ができそうです。



次回はポイントカードやPay系アプリなどをまとめておき簡単に起動できるショートカットをご紹介します。


デジタルライフ・コンシェルジュ 橋田紀孝 デジタル&コミュニティサロン エムネット(栃木) https://www.mnetpcs.com https://www.facebook.com/mnetpcs/

最新記事
アーカイブ
タグ検索