• 西千草

GIMPで作ろう♪犬フォトdeクラフト@ロゴタイプ

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 西千草です。

パソコンを初めたときから ずっと変わらず好きで続けていること・・・ それは愛犬の写真やイラストを描いてアニメ化 そしてそれらでオリジナルグッズをつくることです。

前回はフリーの画像編集ソフト「GIMP」での画像の切り抜きを紹介しました。

★犬フォトdeクラフト@ポストカード

今回も使用ソフトは「GIMP」、愛犬の名前のロゴを作成しました。

「GIMP」の特徴の一つであるレイヤーをうまく使いながら作成していきます。

レイヤーとは、画像の “ 階層 ” のようなものです。 GIMPでは、透明フィルムのような層を重ね合わせて

1枚の画像を表現していくことができます。

1つの画像をパーツごとにレイヤーを分けて構成することで

パーツを編集したい時に、編集したいパーツだけ に手を加えることが出来る

とても画期的なソフトなのです。

①まずはお気に入りのフォントを一文字ずつ位置や角度を調整し、

グループ化します。(レイヤー名:文字(茶色))

② ①で作成したレイヤーの文字色(茶色)から選択範囲を取ります。

③その選択範囲を拡大し、新規レイヤー「文字枠(水色)」にブルーで着色

④さらに選択範囲を拡大し再び新規レイヤーに①と同じ茶色で着色。 このように3枚の画像が重なりあってできています。

⑤最後にアクセントとして足跡型で①のレイヤーから3か所くり抜きます。

そんな感じで出来上がったロゴを画像形式(ここではPNG)で保存しておきます。

私にとっては愛犬の写真同様、永久保存版です。

作成したロゴと愛犬の写真を使って、作成した作品です。

「Tシャツ」「うちわ」

「ブックカバー」「しおり」

どれも世界にひとつだけ、大好きな愛犬をいつも感じていられます。 このような細かい作業はパソコンならではの楽しさです。

パソコープ会員教室の生徒様は

こんなGIMPテキストがあります

GIMPで本格写真補正(1.入門編) GIMPで本格写真補正(2.部分補正編) GIMPで本格写真補正(3.クイックマスク編) GIMPで本格写真補正(4.花火合成写真編)

★犬フォトdeクラフト@ポストカード

デジタルライフ・コンシェルジュ 西 千草 ホームコンじゅく瀬戸赤重教室(愛知) http://happyhours.jp

最新記事
アーカイブ
タグ検索