top of page
  • 明戸順子

【オープンバッチ】-それはデジタル時代の新しい証明書

こんにちは。デジタルライフコンシュルジュの明戸順子です。


リスキリングという言葉をよく耳にするようになりました。


リスキリングとは新しいことを学び、新しいスキルを身につけ実践し、そして新しい業務や職業に就くことを意味します。

「今さら勉強なんてしなくてもいいんじゃないか?」

いえいえ人生100年時代と言われる今、長い期間をより充実したものにするためにはいくつになっても学び続ける姿勢が大切ではないでしょうか。

様々な学びの成果を証明するための新しい仕組み【オープンバッチ】をご紹介します。


オープンバッチとは

オープンバッチとは、知識や経験、スキルを電子的に証明するデジタル証明のことです。

オープンバッジは、国際標準規格(IMS Global Learning Consortium)に則って発行されるもので、バッジ取得者が保有する資格情報や学習歴を信頼性高く証明することができます。

オープンバッジのなかには、ブロックチェーン技術(各ネット上の取引を相互に監視しあうことでデータの改ざんをしづらくする仕組み)を組み込んだ環境から発行されるものもあります。

ブロックチェーン技術に基づいて発行されたオープンバッジは、実質的に偽造・改ざんができないため非常に信頼性の高い証明となります。

デジタル庁発行の【デジタル推進委員】・【デジタル推進よびかけ員】オープンバッチもこれに該当します。





どんなメリットがあるの?

私たち取得者側のメリットは以下の通りです。

★世界中のどの発行者が出したオープンバッジでも、自分専用のウォレットにまとめて保管し管理できます。

★オープンバッジをSNSやメール等で共有することができます。公開、共有したオープンバッジは誰でもその取得した内容の証明を行うことができるため、取得者が身につけた知識やスキルを、高い信頼度のもと掲示することができます。

★オープンバッジを通してどんな知識やスキルをいつ身につけたのかなど、自分の強みを可視化して見せることができます。また、目標とする人のオープンバッジをみて、今後の学びのプランを立てることも可能です。


「自分には関係ない話だ」そんなことをおっしゃらずに、デジタル時代の新しい仕組みに触れてみませんか?

パソコープ加盟教室にお通いの皆さまには、今すぐ手が届く【デジタル推進よびかけ員】へのチャレンジを改めてお勧めします!

また、パソコープ自身もこの度パソコープは一般財団法人オープンバッチ・ネットワークの会員となりました。

4月以降独自デザインのオープンバッチを発行することができるようになります。

楽しみですね!





デジタルライフ・コンシェルジュ 明戸順子

パソルーム弥生台教室(神奈川)

教室HP:https://www.pasoroom.jp

Comentários


最新記事
アーカイブ
タグ検索
bottom of page