Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

今週の気になるワード

こんにちは パソプラ編集部です。

「デジタルライフスタイル」オープン1週間が経ちました。
徐々にアクセスも増えてきて、ほっとしています(^^♪


★今週の気になるワードをピックアップ♪

 

Siri、使ってますか? 2017/6/5
 

 

ここの件がなんともオモシロかったのですが
「時そば」って?と思った方もいるかもしれません。

そこで今日は「時そば」をご紹介します♪

 

「時そば」とは落語の演目の一つで
噺家が扇子を箸に見立ててそばをすする場面が出てくる噺です。

16文のそば代をひらりとごまかした調子のよい男をまねて
勘定をごまかそうとした男が、まずいそばを食わされたうえに
結局勘定も余計に取られてしまう、というオチ。

そばをすする音や、「ひい、ふう、みい・・・」の数えなど
シーンが特徴的で、子供も十分楽しめる古典落語です。

今はYouTube でたくさんの落語が見られるので
聴き比べてみるのも面白いかもしれません。

YouTubeは動画で見ることができますが
落語は「噺」なので、ながら聴きできるのも良いですね。

すると、この噺家さんは
マクラでオチや時代背景の説明がていねい、とか
口調が聴き取りやすい、など
より特徴を見つけ出すことができそう。

 落語の教科書 古今亭志ん朝

 

 

ところで、「時そば」を検索すると出てくる「時うどん」
これは上方落語。

 

型破りの極 桂枝雀

 

 

そもそも元は時うどんで、これを関東版にしたのが時そば。(諸説あるみたいですが)
だましの姿勢が微妙に違い、
どちらがお好みかぜひ聴き比べてみてはいかがでしょうか^^

 

 

 

 

デジタルを楽しむ大人のためのライフスタイルマガジン

パソプラ編集部

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ