top of page
  • 橋田紀孝

思い出をデジタル化・ビデオテープ

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 橋田紀孝です。

デジカメの写真は小田さんの記事にもあるように、 パソコンやスマホに取り込み、 クラウドで管理できるようになってきました。

 
 

写真だけでなくスマホで撮った動画も管理できますが、 昔ビデオカメラで撮影したビデオテープもデジタル化ができます。 ビデオカメラからの取り込みは、最新のものだと SDカードやUSBケーブルで直接接続して取り込むことができますが、 古いものだとそのような仕組みではないので少し工夫が必要です。

ただ、なにもしないままにしておくと

再生する機械がもう売っていなかったり、 テープだと劣化したりと、 思い出をもう見ることができなくなる可能性があります。

早いうちにデジタル化しておけば

データとして保存したり、 DVDなどにしたり、

Youtubeでみんなと共有することもできます。

古いビデオをデジタル化するには2つ方法があります。 1 自分でパソコンを使って取り込む

2 変換サービスを利用する

1は再生できる機械を持っていて、

取り込むことができる環境がある方向けです。 少し面倒ですが、数が多い場合は安くすむことがあります。 2は写真屋さんのサービスや「節目写真館」などの

ネットのサービスを利用します。 機械を持っていなかったり、手間をかけたくない場合はこちらが便利です。 「miniDV」などのデジタルビデオカメラをお持ちの方は

パソコンに「IEEE1394」または「i-Link」という

端子があれば取り込めますが、

残念ながら最近のパソコンにはないものが多いです。 初期のWindows7のパソコンや少し前のMacにはついています。 また、Macでしたら最新のものでも

「Thunderbolt」(サンダーボルト)という端子があれば

変換ケーブルを使うことで取り込むことができます。

僕は「Digital8」(デジタル8)という、8mmテープですが デジタルで記録できるというカメラを持っていたので、 Macの「iMovie」を使って取り込んでみました。 こういうところはMacが使いやすいですね。

時間は撮影時間の分だけかかりますのでモニタで眺めながら・・・。

取り込んだビデオは「iMovie」で必要ない部分を削除したりして編集し、 ファイルとして書き出します。

次に「写真」アプリに取り込み、

「日時を変更」で撮影した日付に変更します。 これで日付順にビデオが並んで表示されます。

さらに「iCloudフォトライブラリ」を使用すると

取り込んだビデオをMacだけでなく、 iPhoneやiPadでも見ることができます。 ただ、動画を管理するには無料の5GBのプランでは足りないので 有料版にアップグレードする必要がありますが。。。

デジタルフォトアルバム「おもいでばこ」に取り込んだビデオを転送すれば テレビの大きな画面でみんなで楽しむことができます。

 

パソコープ加盟教室の生徒さまは

基本的な使い方が学べるテキストがあります

応用的な使い方はこちら

 

ちなみにこのようなものも発売されているようです。

PCいらずでDVDにダビングできるメディアレコーダー 古いビデオカメラからでも、変換から再生までこれ1台でOK! パソコンいらずでビデオ、USBメモリ、SDカードをDVDにまとめられます!

思い出を振り返るのに写真も素敵ですが、 ビデオカメラをお持ちだった世代の方は

懐かしい人やお子さんが元気に動き、 話している姿を見るのはまた違った感動があります。 (自分のダサい姿もまた一興(^^;) 写真もビデオもデジタルで管理がおすすめです。

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 橋田紀孝 デジタル&コミュニティサロン エムネット(栃木) https://www.mnetpcs.com https://www.facebook.com/mnetpcs/ http://mnetpcs.sunnyday.jp/blog_new/

コメント


最新記事
アーカイブ
タグ検索
bottom of page