Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

使いやすくなった地球儀 Google Earth

こんにちは パソプラ編集部です。

 

少し前に通販番組で「しゃべる地球儀」というのを宣伝していました。

  • 台座に液晶がついていて世界各国のシーンが10,000以上

  • 専用のペンでタッチすると国名・通貨・首都などしゃべって教えてくれる

  • 日本地図も飛び出す

  • 左右だけでなく上下にも回転

  • そこそこ良いお値段

「これは一家に一台か」と思ったのですが、「待てよ、似たようなものを以前に見たことがある」

 

そうです、バーチャル地球儀ソフト「Google Earth」です。

 

 

2017年の4月にリニューアルされiOS版も8月にリニューアル。

多様なガイド付きツアーなどが強化され、かなり楽しくなりました。

 

chrome版はパソコンで、スマートフォン・タブレット用にはandroid版・iOS版とありますが、使って一番楽しいのは大きな画面を指で直接操作できるiPad(またはタブレット)がお勧めです。

 

まずは早速インストール

 

 

インストール後、起動すると次の画面が表示されます。画面は縦でも横でもOK

チュートリアルを進めます。右下の青いボタンをタップして下部の説明を読み進めます。

 

 最初に現在地情報をみてみましょう。

画面左下の「◎」(現在地)ボタンをタップします。

地球にどんどん近づき、現在いる場所が表示されます。

地図の下の方を2本指で上下にドラッグすると建物が立体的に表示されます。

さらに2本指で回すと建物をぐるっと一周見ることができます。

 

 

次に検索。

左上のツールバーの🔍(検索)をタップします。

検索したい場所を入力します(ここでは「東京タワー」)

確定すると検索した場所に一気に飛んで表示され、情報カードに説明が表示されます。

さらに、情報カードをめくると関連する別のカードが表示され、「ジャンプ」(青い紙飛行機)ボタンをタップするとその場所へ移動します。

 

 

それではガイドツアーを試してみましょう。

左上のツールバーの「Voyager」(船の舵)ボタンをタップします。

いろいろなガイドツアーが表示されます。

ここでは「日本各地の隠れた名所」をタップして「探索」を再度タップします。

 

ツアーが開始されます。場所の説明画面が表示されます。
次の場所へ行くには画面右下の「>」(戻るときは「<」)をタップします。

その場所を探索するときは「ペグマン」(青い人型)をタップします。

 

その場所を探索できます。画面をスワイプして周りを見まわしたり、ダブルタップして先に進むことができます。

戻るときは「ジャンプ」(青い紙飛行機)ボタンをタップするとツアーに戻れます。

 

他にも左上のツールバーから

「サイコロ」ボタンでランダムな場所にジャンプしたり

「カメラ」ボタンで現在の表示を写真に撮ることができます。

 

いかがでしたか、これだけの機能の地球儀が無料で使えるのは凄いですよね。

ぜひ、お試しください。

 

 

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ
パソプラ編集部
Instagram:@pasopla.writter
Twitter::@pasocoop

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ