Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

パラリンピックを通してみるサイトの工夫

こんにちは パソプラ編集部です。

 

3月10日パラリンピックの開会式が行われ開幕。18日まで再び熱い熱戦が繰り広げられることと思います。

 

38名の日本選手の情報や競技については、日本財団パラリンピックサポートセンターがおススメ。

 

トップにはスペシャルサポーター、香取慎吾さん・稲垣吾郎さん・草彅剛さん参加のイベントショットや、斎藤工さん✖成田緑夢(ぐりむ)選手の対談などを交えた親しみやすいサイト作りになっていたり、大きなボタンやシンプルなイラストで、見やすくわかりやすい工夫がされています。

 

 

 

そんな工夫は右上のボタンにも。

 

 

 

サイト表示をカラーとモノクロ、どちらでも楽しめるボタンが用意されています。モノクロボタンを押すとこのような表示に。みんなが見やすい工夫がされています。

 

 

 

 

色の見え方を調べてみましたら、こんなサイト(PDF形式)が見つかりました。これから書類等を作る上で参考になるかと思います。

 

 

色覚障がいのある人に配慮した色使いのガイドライン  平成23年9月大阪府 

 

 

少し前に作成されたものですが、「色の組み合わせ」「見やすいグラフ」や「地図」など、うっかりやりがちなポイントの改善点を知ることができます。

 

これまでの資料作りですでに行っていたこともたくさんありますが、色配色では例えばこれからの季節に合う「水色✖ピンク」や、クリスマスカラーの「赤✖緑」は人によっては見えづらいなど、気づきもたくさんありました。

 

 

 

また様々な色覚を持つ人の色の見え方をサポートする「色のシミュレータ」というアプリもあります。

 

 

 

こちらはウェブサイトでも使うことができます。

 

 

 

色は情報として目に飛び込んできやすいので、わかりやすさのひとつとして使っていますが、人によっていろんな見え方があることをパラリンピックを通して改めて考えるきっかけになりました。

 

 

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ
パソプラ編集部
Instagram:@pasopla.writter
Twitter::@pasocoop

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ