Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

Windows10標準搭載 動画キャプチャ

2019-1-21

こんにちは!風邪など流行っていますが、皆様お変わりありませんか。
寒い冬の強風に負けそうなデジタルライフ・コンシェルジュ 長 映世です。

 

 

教室でよく子供たちとScratchプログラミングでゲームやアニメーションを作ります。子供たちは器用に自分たちが作ったキャラクターを動かしてくれ、本当に楽しそうです。

 

 


お迎えに来てくださった保護者の方にお見せしたり、作成したソースをUSBメモリで持ち帰ってもらってご自宅で実行して見てもらったりしていますが、実行画面を動画で保存できるとより気軽にみんなで見ることができますね。パソコンの画面を動画撮影してもよいのですが、もう少しきれいに保存したい。何かいいフリーソフトはあるかな?と思っていましたが、なんとWindows10の標準機能で動画キャプチャすることができるのでした。
今回はその方法をご紹介します。

 

 

Windowsキーを押したままGキーを押します。

 

 


次のように表示されたら、「はい、これをゲームとして記憶します。」にチェックを入れます。

 

 

 

録画ボタンをクリックすると、録画が開始されます。

 

 

 

停止ボタンをクリックし、録画終了します。

 

 

 

なんて簡単!

 


動画ファイルは、【ビデオ】フォルダーの【キャプチャ】にMP4形式で保存されます。

 

 

 

この機能は、もともとゲームバーを使ってゲームのプレイ画面を動画で保存する機能のようです。
(うまくいかない時は、Windows10最新バージョンと更新プログラムがインストールされていることを確認してください。また、この機能にはハードウェア要件があり、古いパソコンなどWindows10パソコンでも行えない場合もあります。)

 


ついでに、この動画の最初と最後を余計な部分をトリミングしましょう。
動画ファイルをフォトアプリで開きます。

 

 

 

【編集と作成】をクリックし、【トリミング】をクリックします。

 

 

 

動画の始まりと終わりをスライドして調整し、【コピーの保存】をクリックします。

 

 

 

トリミング後の動画ファイルが【キャプチャ】に保存されました。

 

 

 

昨年のクリスマスには、子供たちが作ったクリスマス動画をYoutubeにアップロードし、そのURLをQRコードにして添えたクリスマスカードを保護者の方にお送りしました。年末年始、ご家庭でQRコードにスマホをかざし、動画をご覧いただけたようです。
保護者の方々にとても喜んでいただけました!

 

デジタルとアナログそれぞれの良さを無理やり組み合わせるのも、とても楽しいですね!
今回はScratchの実行画面を動画に保存しましたが、画面操作を動画キャプチャするなど、他にも応用できそうです。
お試しくださいませ。

寒い日が続きますので、皆様どうぞ暖かくしてお過ごしください。

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 長映世(ちょうはるよ)
パソコン・スマホ・iPad・こどもプログラミング
パソコン教室ピーシーポポ(栃木)
https://pcpopo.amebaownd.com/
https://pcpopokids.amebaownd.com/

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ