• パソプラ編集部

阪神淡路大震災25年 取材映像アーカイブ

こんにちは、パソプラ編集部です。

25年前の今日、阪神・淡路大震災が起きました。

ABC朝日放送(大阪府大阪市)は当時の取材した映像素材、約2千本・38時間分の阪神淡路大震災の取材アーカイブ映像を、防災・減災への活用を目的に専用Webサイトにて公開しました。

阪神淡路大震災25年 激震の記録1995 取材映像アーカイブ|朝日放送グループ

タイトルムービーが流れた後、地図が表示され取材した場所毎の映像が数字で表示されます。

数字をクリックすると映像の「インタビュー」「風景」「空撮」などの分類とサムネイル、タイトル、取材日が一覧で表示されます。

クリックして選択すると再生画面が表示されます。「▶」で再生「×」で閉じられます。

トップ画面の「動画を絞り込む」をクリックすると「映像の種類」「キーワード」「撮影・取材日」で絞り込むことができます。

公開映像について」のページにはこうあります。

6000名を超える犠牲者を出した阪神淡路大震災から25年が経ちました。 神戸市に住むおよそ半数が、「震災を知らない人々」となり、記憶や教訓の風化が急速に進んでいます。(中略)

映像が伝える「教訓」を広く共有し、後世につなげたい。

そこで、私たちABCグループは当時取材した「阪神淡路大震災取材映像アーカイブ」の一部をWEBサイトで公開することにしました。 この貴重な映像を多くの人にご覧いただき、未来の「防災・減災」に活かしていただければ幸いです。

また、この取り組みをきっかけに、自然災害に関する映像記録が広く社会に還元され、持続的な利活用が図られる世の中になればと考えています。

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ パソプラ編集部 Instagram:@pasopla.writter Twitter::@pasocoop

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。