• 柴田和枝

お花の名前を調べて写真に文字情報を残そう

こんにちは デジタルライフコンシェルジュの柴田和枝です。

前に、覚えられない花の名前はiPhoneで写真を撮って、iPadでApple Pencilで手書きでメモを残すというのをご紹介したことがあります。



iOS14になってからの新機能で、iPhoneで撮った写真にキャプションとして文字情報を残せるようになりました。

この機能を使うと、Apple Pencilを持っていなくても気軽に文字情報を残すことができます。お花に限らず、撮った写真にレストランの名前やメニューを残したり、ちょっとした情報をメモを残すような感覚で利用することができます。

いろいろな場面で使えそうな機能ですね!



今回は、撮影済みの名前のわからない花の写真をGoogleレンズで調べて、写真にデータとして残す方法をご紹介します。



Googleレンズで花の名前を調べよう


Googleレンズは、Googleアプリから起動します。


① Googleアプリを起動します。

② レンズを起動します。


③ 検索の左にある【写真】をタップします。

④ 「Googleから“写真”にアクセスしようとしています」が表示されたらが、【すべての写真へのアクセスを許可】をタップします。


⑤ 写真ライブラリから名前を調べたい花の写真を選びます。

⑥ Googleレンズが似たような花の写真を検索します。

⑦ 検索結果から名前を特定します。



名前をコピペしよう


花の名前を特定したら、コピー&ペーストで文字情報を写真のキャプション欄に貼り付けましょう。


① 名前の部分を長押しして文字を範囲選択します。

② 【コピー】をタップします。

③ 写真アプリを起動します。

④ 花の写真をタップし、上にスワイプします。


⑤ キャプションの欄をタップして、【ペースト】をタップします。

Googleレンズで調べた文字情報を、写真のキャプションとして入力することができました。

⑥ 【完了】をタップして前の画面に戻ります。


写真に文字情報を入力できる機能は、Googleフォトにもあります。

Googleフォトでは、キャプションではなく「説明を追加してください」という欄に入力します。


① Googleフォトを起動します。

② 写真をタップし、右上にある【…】をタップします。


③ 「説明を追加してください」の欄をタップし、【ペースト】をタップします。


コピペを使うと楽に入力することができますが、範囲選択がうまくできない場合もあります。そういう場合は、音声で入力する方法も試してみましょう。



なかなか覚えられない名前は、調べたり忘れないうちに情報として残すことで、いつでも振り返りができるようになります。

振り返ることで頭の体操にもなりそうですよ。(^^♪

また、キーワードとして検索することもできます。

写真を上手に活用しましょう!



デジタルライフ・コンシェルジュ 柴田 和枝

パソルーム戸塚・弥生台教室(神奈川)

教室HP:http://www.pasoroom.jp

パソコンとiPadとスマホのある生活 http://blog.goo.ne.jp/k_shibata3

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。