• 吉田智司

注意!「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。」

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。


スマホにこんなショートメール(SMS)が届きました。

“Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら:~”


「あれ?」

URLも一見アマゾンぽいですがアマゾンの正確なURLは

https://www.amazon.co.jp

これは

https://www.amazon.jp.hpa9.xyz/


アマゾンのサイト内で別のページを表示するなら / (スラッシュ)で区切られているはずです。

こんな感じで

https://www.amazon.jp/hpa9.xyz/


そもそも co も抜けてますが。


全くの別サイトです。



以前にも宅配業者を騙ったショートメールの記事を載せました。


この時よりも今回の方がURLがアマゾンっぽく騙されやすそうです。

ただし今回スマホ(Android)の画面はこんな風に表示されました。

「スパムの疑い」

警告されたので最初から疑ってかかれました。



せっかくなのでリンクを開くとどうなるか試してみました。

(決してマネしないでください。)


Amazon風なログイン画面が表示されました。

当然情報収集目的なので正確なAmazonアカウントは入れません。

適当なメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップ。

本物なら「アカウントが間違っています」とはじかれるハズです。


パスワードの漏えい警告が表示されました。わかっての嘘情報なのでこのまま進めます。「OK」をタップ。

「請求先住所を更新する」画面が表示されました。これも情報収集目的でしょう。


適当な個人情報を入力して「継続する」をタップ

今度は「お支払い方法を更新する」画面が表示されました。

これも適当な番号を入れたらはじかれたので、上4桁はカード会社の数字を入れてみました。

確認のパスワード入力。これも情報が取られるのでいい加減な英数字で「送信」。


完了画面が表示されました。

その後、自動的にAmazonのサイトに飛びます。


怖いのはそちらは実際のサイトなので、気づきにくく、そのまま気が付かなければAmazonアカウント・パスワード・個人情報・カード情報(認証パスワード)などそっくり盗まれて使われ放題になってしまいます。



被害が広がらない様スパムとして報告し、ここからショートメールが来ないようにブロックもしました。




これはSMS(ショートメールサービス)を利用したフィッシング(Phishing)詐欺です。

フィッシング詐欺とは、信頼性のある会社などになりすまし、メールなどを使ってクレジットカード番号や暗証番号といった個人情報を盗みとる犯罪です。


ショートメールは電話番号だけで送信できますから「070」「080」「090」に8桁の数字を適当につけても、その番号が使われていたら送ることができてしまいます。



前にも書きましたが改めてショートメールは次の点に注意してください。

  • 知らない人からのショートメール(本当の要件の場合もあります)

  • 要件の場合、会社名(個人名)などの表記がある

  • URLはよく確認する


皆さんもご注意くださいね。


デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

https://www.misatokyousitu.com/

最新記事
アーカイブ
タグ検索