レコードをデジタル音源で楽しもう

2017-6-12

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 柴田 光昇です。


スマホ、タブレット世代の音楽はデジタル音源が主流ですが、

アナログ世代の音楽はアナログレコードで

という方もいらっしゃると思います。

私もアナログレコードをかじっていた世代です。

 

 私自身、現在はデジタル音源がメインですが

アナログレコードや再生機材を持っていますので、

アナログレコードもデジタル化して楽しんでいます。


準備するのは、

・アナログレコード

・レコードプレーヤー

・フォノイコライザー

・DSP(デジタルサウンドプロセッサー)、

・パソコン

・DAW(デジタルオーディオワークステーション)

 

フォノイコライザーは、レコードプレーヤーからの小さな信号を

通常のLINEレベルに合わせて増幅し

周波数特性をイコライズ(補正)するために使う機器です。

最近ではレコードプレーヤーに内蔵しているものもあります。


DSPはレコードプレーヤーとパソコンとUSBケーブルで接続し

アナログ信号をデジタル信号に変換し

パソコンにデジタル音声を送るために使う機器です。

 


IO-DATAのAD-USB(下記リンク参照)は

フォノイコライザーを搭載したUSB接続オーディオキャプチャー機器のため

MM(ムービングマグネット)カートリッジのレコードプレーヤーであれば

簡単にパソコンと接続してデジタル音源化できます。

フォノイコライザーとDSPが一緒になっているイメージですね。
http://www.iodata.jp/product/av/capture/ad-usb/index.htm

 

 

上記のようなMC(ムービングコイル)カートリッジを使いたい方は

この他に下記のような昇圧トランスが必要になります。

 

 

DAWはデジタル信号の音楽を録音するためのソフトウェアです。

 

レコードプレーヤーのターンテーブルに針を落として

パソコンからDAWを使って録音していきます。

アナログレコードはA面とB面がありますが

それぞれ録音したあとで

DAWを使って一曲一曲サウンドカットしていきます。

録音したサウンドデータは非圧縮形式のWAVファイルですので、

携帯音楽プレーヤーやスマホで聴きたい場合は

iTunesなどを使って圧縮形式のMP3ファイルに変換します。

 


私はアナログレコードの音源をiPhoneに入れて楽しんでいます。

 


アナログレコードのあたたかみのある音(サウンド)を

デジタル音源で手軽に聴けるようになりますよ~♪

 

 

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 柴田 光昇
パソコンじゅく高森教室(長野)
教室HP http://www.pasokonjuku.com/
 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ