薬はアプリで管理「お薬手帳」

2017-7-17

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 小林 純子です。


みなさまは薬局に行かれる時、「お薬手帳」を持って行かれますか?
2016年の3月まではお薬手帳の手数料をとられていたので
「利用していません」という方が料金的にお得でした。


しかし、2016年4月から

「お薬手帳」を持って行った方がお得になりました。
私の場合、「お薬手帳」を貰っても貰っても

薬局に行くときには持っていかず(忘れて)
また、家で探しても見つからず、、、ということを繰り返していました。


あるとき、テレビでアプリの「お薬手帳」でも

「お薬手帳」になるということを知りました。

 


スマホなら、いつも持っています。

忘れることもなくすこともあまりないでしょう。


薬剤師をしている娘に聞いてみました。

娘の会社の○○○薬局には専用アプリがあって
その薬局なら登録してもらえ、

他の薬局のは手入力するということでした。


私がいつも利用している薬局には専用アプリはありませんでした。
そこで、いくつかのアプリを試したところ、

日薬eお薬手帳」というアプリが私には一番使いやすく感じました。

 

ダウンロードは こちら をクリック

 

これまでにもらった薬は、手入力しました。
次に薬局を利用した時に、このアプリを使い始めたことを話しました。
そうすると、

 

「では、QRコードを出しますね」

 

とのことです。

 

帰宅してから、アプリでQRコードを読ませると、

薬局名、薬名はもちろん、クリニック名や医師名なども全部入力されています。

 

一覧でも見られますし、

 

 

カレンダータイプでも見られます。


バックアップもされるようです。

 

これなら、なんでもすぐになくしてしまう私でも大丈夫です。
夫が購入している別の薬局でもQRコードを発行してくれて、使えました。
(実は夫は別のアプリを勧められて入れたようですが、

「日薬eお薬手帳」のほうが使いやすいということで変えました)


生徒さんたちにも勧めていますが、

今日の生徒さんが利用しているところは
QRコードを発行できる環境が整っていなかったそうです。
(私が利用している薬局の方が小さいと思うのですが)


そういう場合は手入力するか、

QRコードを発行してくれるところをご利用ください(^_^;)

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 小林 純子
パソコンサポート パソぴあ(神奈川)
http://www.pasopia.biz

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ