Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

方向音痴に優しい地図ナビアプリ

2017-7-20

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 岡村 昭子です。

 

私はいろんな場所に旅行したり、

友達と食事を楽しんだりすることが好きで、

初めて行く場所などは地図アプリが欠かせません。
私がいつも活用している3つのアプリをご紹介します。

 

1つ目が「Googleマップ」です

Android iOS

 

Googleマップは地図を検索するのはもちろんですが、

美味しい店を見つけたら必ずリストに保存をしています。

旅行をする時も予め行きたい場所などを保存しておくと、

旅先でも経路検索やナビもスムーズにいき、とても役立っています。
アップデート後は更に便利になりました。

保存したい場所を検索後、その店の詳細を表示し、

リストを選んで場所を保存します。
アップデートされてからは、リストが複数作成でき便利になりました。
 

  

リストを表示するには、メニューの「マイプレイス」の

「保存済み」をタップするとリストが表示されます。

 (ここでは「スター付きの場所」をタップしています)

     
経路を検索するときは、目的地を入れ手段(車・電車・徒歩)をタップしナビを開始しますが、今自分が向いている方向が表示されるので安心!

 

 

更に、駐車場所も保存してくれます。

現在地の●をタップして出てくるメニューの

「駐車場所として設定」をタップすると保存されます。

 


方向音痴の私はGoogleマップだけでは辿り着けずに

迷ってしまうことがあるので、

そんな時は「Waaaaay!」が活躍します。

 
方向音痴って、自分がどっちに向いているのかが

分からないことが多いのですが、

このアプリはいたってシンプル。指す方向へ進むだけです。

2つ目は「Waaaaay!(うぇ~い!)」です
 

Android
iOS

 

検索ボックスに行きたい場所を入力し、

「ここに行く」をタップすると、目的地までの距離と方向が表示されます。

 

 

 

 

3つめが「ドコとめた?」です
 

iOS


野外の駐車場でどこに停めたかわからないときは「ドコとめた?」で教えてくれます。
これもシンプルで「駐車する」と「車を探す」のボタンだけでOK!
 

   
探している最中は距離が表示され、近くまで来たら

「あたりを見回してね」の表示がされます。
無事に見つけることが出来ます。
 

 

車が見えた時の安堵感はなんとも言えません。。。

よろしかったらおためしください^^

【関連記事】

☆車はどこ?はマップで解決

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 岡村 昭子
パソコン塾北助松教室・春木駅前教室(大阪)
HP:http://www.okamuramusen.co.jp/
Blog:http://blog.goo.ne.jp/sukematsu

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ