• パソプラ編集部

今週のピックアップ・モバイルバッテリー

こんにちは パソプラ編集部です。

防災の日の1日は、各地で防災訓練のニュースが流れる中

ミサイル想定の避難訓練なども実施されたようです。

「発射からの3分で何が出来るの?」と疑問が飛び交う中

・最初の爆風と熱放射を避けるために物陰に隠れる

・窓から離れて散弾のようなガラスを避ける

などがツイッターで拡散されていましたので

気に留めておいてくださいね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

今日は9月1日記事をピックアップ(o^-')b

喜納さんの記事で紹介されていた

モバイルバッテリー

☆9月1日記事 1台2役!モバイルバッテリー

この記事では「災害にあったら」という観点で

多機能型のモバイルバッテリーを選んでいるところがポイント(o^-')b

ちょっとおさらいしてみますね^^

◯ 蛍光灯のような明るいライト

◯ マグネットで固定できる

◯ 5段階調光で明るさと省エネのバランスが調整できる

◯ カバンに入るサイズ(22.3 x 3.2 x 4.1 cm ; 172 g)

◯ しかも安い

などいいことずくめ。

これを読んで、夜のウォーキング時にもいいかも♪と思いました。

日常で使っているものは、いざという時迷わず使えるので安心ですね^^

ではシンプル機能で選ぶとすれば?

という観点でちょっと見てみますね。

まずは、アマゾンの売れ筋ランキング

モバイルバッテリー の 売れ筋ランキング(amazon)

売れ筋は容量・重さ・大きさ・価格などのバランスもあるので

必ずしも順位がすべてではありません。

ですので「これ!」という1つに絞るのはムズカシイ

数多くの中から「マイ・ベスト」を選ぶポイントを3つ挙げてみました。

・1つめは【バッテリー容量】

それぞれの商品説明に5000mAh、10000mAhなどと書かれています。

ミリアンペアパワー:どれだけの電流を1時間に流すことができるか

つまりバッテリー容量でおおよその充電回数が決まります。

スマートフォン自体のバッテリー容量によっても変わりますが

大雑把に言って4000mAhでフル充電1回分に相当します。

・2つ目は【重さ・大きさ・形状】

バッテリー容量が大きものは当然重くなります。

現在使われているほとんどが

リチウムイオンポリマー充電池を使っているので

容量と重さは正比例。つまり容量が大きくなると重くなります。

スマートフォンの重さ

iPhone 7 Plus 188g

Xperia XZ Premium 191g

などにプラスしてバッテリーを持つわけなので

たとえば350mlビール缶(365g)をバッグに入れてみるなど

身近なものでシミュレーションするといいかもしれません。

また、大きさ・形状も大事です。

薄く平らな方がバッグ内の収まりが良い場合が多く

重さも感じにくいです。

実際、パッと渡されると右の方が重く感じましたが

はかってみるとこの通り。

「ずんぐりむっくり」とはよく言ったものです(^^;

・3つめは【最大出力】

スペックをよく見ると「最大出力2.4A」などと書いてあります。

2A以上のものを選ぶと急速充電・タブレット充電に対応します。

Android機の場合は急速充電に対応したケーブルを使う必要があります。

他にも、コンセント兼バッテリーになるものや

デザインがかわいくて持ってるだけでうれしくなるものなども^^

これらを参考にそれぞれの好みで選んでくださいね。

あなたの「やってみたい」に寄り添う教室 パソコープ パソプラ編集部 Instagram:@pasopla.writter Twitter::@pasocoop

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。