日本の伝統色は美しい、Wordで好みの色の作り方

2017-10-15

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュの増田由紀です。

 

私はなぜか色にひかれます。

特に、日本の伝統色はいつ見ても見飽きないです。


色に付けられた名前も好きです。

教室でも今学期のファイルの表紙を日本の伝統色で作ってみたり、

カレンダーのデザインに取り入れてみたりしています。


色を重ねてみると、まるで十二単のよう。

 

 

 

平安時代のお姫様は、この色の重なりを

ファッショナブルに着こなしていたのですね。
着てみたいなあ・・・

 
色は再現できます。
なぜなら、レシピがあるから。


RGBという3つの数値をレシピの通りに入れれば、色が作れます。

色の名前と、RGBの数字です。これが色のレシピです。


・浅蘇芳(あさすおう)R:162 G:87 B:104

・韓紅(からくれない)R:233 G:84 B:100

・甚三紅(じんざもみ)R:238 G:130 B:124

・紅梅色(こうばいいろ)R:242 G:160 B:161

・薄桜(うすさくら)R:253 G:239 B:242

・若草色(わかくさいろ)R:195 G:216 B:37

・中黄(ちゅうき)R:255 G:217 B:0

・鶸色(ひわいろ)R:215 G:207 B:58

・暗紅色(あんこうしょく)R:116 G:50 B:92

・萌黄(もえぎ)R:170 G:207 B:83

・夏虫色(なつむしいろ)R:206 G:228 B:174

・白(しろ)R:255 G:255 B:255

 

RはRed、GはGreen、BはBlueの頭文字です。
そしてこれは光の三原色。
この3つの数字を指定すれば、誰でも同じ色を作ることができます。


例えばWordでこの色を作るとしたら、

色を塗るための図形を1つ描いて、そこに色を指定します。

 

 

 

こんなページがあります。美しい言葉と色。
芸術の秋です。

しばし、色に思いを寄せてみるのもいいのではないでしょうか。

 

日本の伝統色
https://www.colordic.org/w/

 

ぜひ色のレシピを利用して、素敵な作品作りをしてみてくださいね。

 

★スマホ撮影グッズを楽しんでます

★大物スキャンはスマホが便利

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 増田 由紀
パソコムプラザ 新浦安(千葉・東京)
教室HP http://www.pasocom.net/
増田由紀ブログ http://www.masudayuki.com/

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ