スマートフォンの緊急情報を表示できますか?

こんにちは。パソプラ編集部です。

 

外出時には大事な連絡手段であるスマートフォンは肌身離さず持っていることが多いですね。

 

おサイフケータイ機能が搭載されているものも多くなり、場合によっては「財布が無くてもスマホだけ」なんて言うこともあるかもしれません。

 

そんな人たちが増えている中で

  • もし、自分が意識を失ってしまったら

  • もし、倒れてる人と遭遇してしまったら

救急車を呼ぶにしても「氏名・血液型・飲んでいる薬」などをちゃんと伝えられますか?

 

 

そこで広く普及させたいのが「メディカルID」

 

「メディカルID」とは、自分に関する重要な医療情報(連絡先、生年月日、身長、血液型などの健康関連の情報)を緊急時にほかの人も見られるようにするための機能です。

 

多くのスマートフォンにこの機能が搭載されています。

 

 

●「メディカルID」の確認方法

 

まずは、ほかの人のスマートフォンの「メディカルID」を確認する方法を覚えましょう。

 

・iPhoneの場合

  1. ロック画面の左下にある「緊急」をタップします。

  2. 「*メディカルID」をタップする情報が表示されます。
    (登録されていないと「*メディカルID」が表示されません)
    ※ロックされていない場合は「ヘルスケア」アイコンをタップすれば確認できます。

 

・Androidの場合

  1. ロック画面の左下にある「緊急通報」をタップします。

  2. 「緊急情報」をタップすると情報が表示されます。

 

 

●「メディカルID」の登録方法

 

大事な情報なのでできるだけ情報を登録しておきましょう。

しかし、誰でも見ることができるリスクを考えると全ての情報を表示する必要はありません。

緊急連絡先もパートナー・親・兄弟以外の選択肢として「かかりつけの病院」でもよいかもしれません。

重要度の高い順に要・不要を判断して登録しましょう。

  1. 血液型

  2. アレルギー

  3. 服用している薬

  4. 医療情報

  5. 緊急連絡先

  6. 臓器提供の意思

  7. ほか

 

・iPhoneの場合

  1. ホーム画面にある「ヘルスケア」をタップします。

  2. 画面右下の「メディカルID」をタップします。

  3. 「メディカルID」を作成をタップします。

 

・Androidの場合

  1. ロック画面の左下にある「緊急通報」をタップします。

  2. 「緊急情報」をタップする情報が表示されます。

  3. 登録されていない場合は「追加」を、修正する場合は「編集」をタップします。

 

 

もしもの時に必要な情報なので、ぜひ多くの人に教えてあげてください。

 

 

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ
パソプラ編集部
Instagram:@pasopla.writter
Twitter::@pasocoop

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ