Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

旅先で実際に使ったドローン

2018-4-16

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。

 

先日、石垣島に遊びに行ってきました。

 

せっかく風景なキレイなところに行くので、スマートフォンと一眼レフカメラに加えてドローンを持っていくことにしました。

 

以前の旅行では本格的なドローンを持って行ったこともあるのですが、かさばるのと飛ばすまでの段取りに手間がかかるのであまり出番がありませんでした。

 

そこでの教訓を生かして奮発して買ったのが、Zerotech社のポケット セルフィードローン「Dobby」です。

 

選択の決め手になったのは

  • 高解像度撮影(静止画・動画)と安定した自律飛行で撮影向き

  • 折りたためてポケットに入る大きさで持ち歩きが負担にならない

  • スマートフォンで操作するので飛ばすまでの準備が簡単

  • 重さ200gを切っているので、色々な制限にかからない

  • 発売から少し経っているので、ソフトウェアと値段が落ち着いている

 

もちろん欠点もあって

  • カメラが本体内蔵のため、本体が傾くと写真が斜めに写る

  • 重量を意識したためかバッテリーが小さく飛行時間が短い

  • スマートフォンでの操作が専用コントローラーに比べてやりにくい

 

これらの欠点を克服したDji社の「Mavic Air」という機種もありますが、200gオーバー・10万円オーバーのため断念しました。

 

特に200g以上のドローンには飛行制限があります。(国土交通省 改正航空法概要ポスターより)

もちろん200g以下でも臨機応変に対応する必要があります。

 

 

持ち運びは本当に楽でポケットに入ります。

取り出すと手のひらサイズで、4つのアームを広げて電源を入れれば準備完了。

 

スマートフォンからドローンのWi-Fiに接続、専用アプリを起動すれば準備完了。

このクラスのドローンはボタン一つで飛び出し、ホバリング(空中静止)してくれるので扱いそのものはあまり難しくありません。

 

トップの写真もそうですが、せっかくなのでドローン撮影したものをいくつかご紹介。

 

 

 

 

もちろん動画も撮れます。

 

ご覧いただけばわかりますが画面に黒い部分があります。カメラが本体固定のためドローンの傾きで撮れなかった部分が内蔵のブレ補正ソフトによって映像として残ります。風が弱い状態で機体をゆっくり動かせば軽減できます。

 

 

そして映像の最後。。。

はい、ちょっと慣れて慢心したのか操作ミス!

裏の林に落としてしまいました。 orz

前日の分も含めバックアップを取ってなかったので、この後1時間近くも必死になって探したのは旅の良い思い出です。(^^;)

 

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

HP:http://www.misatokyousitu.com

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ