Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

春の風景を水彩画で!ArtRage

2018-5-02

こんにちは。デジタルライフ・コンシェルジュの杉山きみ子です。

今回はタブレット用お描きソフトArtRageの「水彩」ツールを紹介します。

画用紙に水彩絵の具で色を塗るそのままの感触が、タブレットの画面で味わうことができますよ。

 

 

★「水彩」ツールを使ってみましょう

水彩は異なる色が混ざりあうという特長を持っています。

そして、絵の具を溶く水の量(うすめ液)を0~100%まで加減することができます。

次の図の青色と緑色の重なった部分を見てください。2色が混ざって微妙な色になっています。左側はうすめ液0%、右側はうすめ液70%なので、水気が多い感じがします。本物みたいですね。

 

 

うまく混ざらない場合は「パレットナイフ」ツールで2色の間をドラッグしましょう

ホワホワとぼかしながら、自然に混ざったように見せることができます。このパレットナイフはいろいろなシーンで大活躍。とても重宝しています。

 

 

 

★チューリップを塗ってみます

黒の鉛筆で描いたチューリップを水彩で塗ってみました。

花びらをピンクの濃淡2色で、葉は緑色の濃淡3色で塗ってみました。

 

 

★風景画には水彩が良く似合う

私は埼玉県三郷市のパソコン塾三郷教室におります。近くに江戸川が流れていて、河川敷の土手は3月になると菜の花で見渡すかぎり黄色になります。その黄色は何キロにも及び、それはそれは見事です。

 

 

その風景を勝田台教室のあずまゆきこ先生が写真に撮り、テキストを書いてくれました。

そして、完成したのが次の絵です。

 

 

新芽の緑と菜の花の黄色、きれいに混ざり合っているでしょう?

空の色は近くから遠くまで3色の青色を使っています。

春のさわやかさを出すために、実際の色より明るくて軽い色を選び、白い雲はきれいなので増やしちゃいました。

  

 

下絵をトレースするので、デッサン力はなくても大丈夫。色は好きなように塗ることができます。良いとこ取りですね。これが私がArtRageを気に入っている第一のポイントです!

トレースについては別の機会にぜひご紹介したいです。

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 杉山きみ子

パソコン塾三郷教室(埼玉)

http://www.misatokyousitu.com

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ