Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

花火大会を120%楽しむお役立ちアプリ1

2018-7-22

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 小田晶季子です。


毎日暑い日が続きますね~ 
こんな暑い今年の夏ですが、数ある夏行事のなかでも大人気のイベントといえば「花火大会」ですね。


再来週の週末は、隅田川の花火大会や、また地元では立川の昭和記念公園の花火大会があるので、今年も生徒さんと撮影に繰り出します!


ピュ~と甲高い音と共に空を昇り、パっと花開く花火。スマホできれいな写真を撮ってSNSに投稿したいですよね。 でも花火の撮影はなかなか一筋縄ではいきませんね~~

そこで今回は、花火大会を120%楽しむ、優秀なお役立ちアプリを2回に分けてご紹介していきます。

 

 

まず1回目にご紹介するアプリです。
花火の見え方をARで確認することができるiPhone用アプリ「花火大会シミュレーター」です。
「王様のブランチ」や「PON!」などでも紹介されたアプリで、AR技術で作られた花火大会をシミュレーションできるアプリです。
 

 

 

 

 

 

 

 

使い方はすごくシンプルで簡単です。
登録されている日本全国の花火大会から、目的の大会を検索して【AR花火で見る】をタップするだけです。

 


画面を開くとGPSで近郊の花火大会を表示しますが、【エリアから探す】をタップして都道府県別に探していくこともできます。
私は教室から一番近い「青梅市納涼花火大会」でシミュレーションしてみることにします。
 

 


目的の花火大会をタップすると、開催日時情報、花火の打ち上げ数や、現在地から会場までの距離など詳細情報を確認することができます。【AR花火で見る】をタップします。

 

 


カメラが起動し、画面上に矢印マークが出てきます。
ここは教室のすぐ近くの路上です
 

 


矢印のその方向にレンズを向けると、前年までのデータをもとに算出されたAR花火が実際に打ちあがる場所に再現されるという仕組みです。
 

 

 

操作はとても簡単で使い勝手もいたってシンプルです。

 


 ARなので、この位置からだと建物とかぶってしまって花火は全然見えないなど、事前に確認することができます。初めて訪れた花火大会での場所探しにも、また花火を見るときの穴場スポットの確認などに利用できますね!

 

花火の写真を綺麗に撮るのはなかなか一筋縄ではいきませんが、場所選びも重要なポイントの1つです。これから続々と始まっていく花火大会で大活躍間違いなしです。ぜひお試しください。


次回は、花火の写真をきれいに撮影できるアプリをご紹介します!

デジタルライフ・コンシェルジュ 小田晶季子
パソコープあきる野・昭島教室(東京)
教室HP:http://www.pclesson.jp/
自分のブログ:あきる野・昭島教室日記 http://blog.livedoor.jp/akiruno1/

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ