• 吉田智司

日本語フリーフォントを「ためしがき」

こんにちは。デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。

英語のフリー(無料)フォントはたくさんあるのに日本語のフリーフォントは少ないですよね。

ましてやちょっと難しい漢字を使うとその文字だけ白く抜けてたりします。

これは作る側からするとある程度仕方がないところがあります。

英語フォントの場合、アルファベットは26文字しかありません。大文字・小文字・数字・記号を入れても100文字程度です。つまり、100文字デザインを作ればフォントは作れるのです。

日本語の場合、上記100文字+漢字+ひらがな+カタカナ他を入れると7,000文字以上にもなるそうです。ですから「漢字無しフォント」や「JIS第1水準まで」でもフリーの場合は致し方ありませんね。

それでもインターネットで探すといろいろな日本語フリーフォントがあります。

大抵は見本画像を見て判断しますが

これを見ても、文字のデザインは判断できますが自分の使いたい文章のイメージがわかりにくく、使いたい漢字が白抜けになってしまったら探し直しになってしまいます。

こんな時に便利なサイトを見つけました。

上記リンクより、実際に使いたい言葉や文章を入力欄に入力します。

すると

商用利用可能な日本語フリーフォントで表示した結果を閲覧することができます。

例えば漢字を入力すると

対応していない漢字が空白になり候補を絞ることができます。

気に入った書体があったらクリックして「配布元:〇〇(サイト名)」をクリックします。

後の操作は配布元のサイトによって異なりますが、次の手順でインストールすることができます。

  1. フォントをダウンロード

  2. ダウンロードファイルの解凍

  3. フォントファイルのインストール (拡張子 .otf , .ttf , .ttc を右クリック→インストール)

配布元サイトや添付ファイルのライセンスの注意事項を確認しましょう。

パソコンで使えるようになります。

一度お試しくださいね。

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

HP:http://www.misatokyousitu.com

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。