GIMPで作ろう♪「金魚鉢に何入れる?」

2018-8-05

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュの西千草です。

 

2018年暑すぎる夏です。涼しくなる秋を待ちつつ、少しでも涼しさを感じクスっと笑ってしまうような楽しい作品をGIMPで作ってみました。用意する画像は3つ「金魚」「金魚鉢」「猫」です。写真がない場合はフリー素材を利用規約にそって使用します。
 

 


【準備】
「金魚鉢」「猫」の写真はそれぞれ先に開き、適したツールで切り取ってPNG形式で保存しておきます。(ここでは、「電脳バサミ」ツールを使用しました)
 

 

「金魚鉢.PNG」

 

 

 


 
「猫.PNG」

 

 

 

 

【作成】
① GIMPを起動し、<ファイル>-<新しい画像>より以下のように設定します
(はがき縦で印刷する場合の最適値)
 

 


② 「背景」レイヤーに「集中線」を設定します。
  ②-1描画色を「水色」にします。
 

 


  ②-2 メニュー<フィルタ>―<下塗り>-<集中線>を起動します。
  線数を「45」にし、「OK」します。(他はデフォルトのまま)

 

 
放射状に集中線が設定されました。
 

 


③ <ファイル>-<レイヤーとして開く>より、準備してある「金魚鉢.PNG」を開き、サイズと位置の調整をします。
 

 


④ 同様に「猫.PNG」もレイヤーとして開き、調整します。
 

 


⑤ レイヤー「猫.PNG」は、不透明度を「60」くらいに調節します。(ガラス内にいるような感じを表現するため)

 

 

 


 

【「金魚」をブラシに一時的に登録して使うための準備】
⑥ <レイヤー>-<新しいレイヤー>より「金魚」レイヤーを作成しておきます。
 

 


⑦ 「金魚」をブラシに一時的に登録して使う。
⑦-1<ファイル>-<開く/インポート>より、「金魚.JPEG」を開きます。適した選択ツールを使い金魚を選択します。(ここでは「電脳バサミ」ツールで選択しました)
 

 


⑦-2 <編集>-<コピー>をクリックし、タスクバーより編集中のポストカードに切り替えます。

 

 
⑦-3 ツールボックスより「ブラシ」ツールをクリックすると、ブラシ一覧に⑦-2でコピーした金魚が一時的に登録されています。

 


⑦-4 ツールボックス「ブラシ」のツールオプションにてサイズを調整して、編集画面にポンポンとクリックして配置していきます。(また「散布」にチェック☑をいれて編集画面内でドラックしてみるのも思いがけない配置になったりするので試してみるのもいいでしょう。)

 

 

 

 

⑧仕上げにテキストを入れます。テキストツールを使い好みのメッセージで構いませんが、ここでは「2018」と「SUMMER GREETING」と「?」のテキストを入れてみました。
 

 


⑨保存 
保存は2種類の形式(XCFとJPEG)でします。
<ファイル>-<名前を付けて保存>よりファイル名:「猫と金魚の不思議なポストカード」
<ファイル>-<名前を付けてエクスポート>よりファイル名:「猫と金魚の不思議なポストカード」ファイル形式を「JPEG画像」とします。

 

 

楽しいカードの完成です!次は金魚鉢に何入れる?周りに何を泳がす? ぜひ応用して楽しいカードを作ってみてください。
 

 

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 西 千草
ホームコンじゅく瀬戸赤重教室(愛知)
http://happyhours.jp

Please reload

最新記事