Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

LINEの連絡先をわかりやすくする方法

2018-9-10

こんにちは、デジタルライフ・コンシェルジュの吉田智司です。

 

SNSはどのコミュニティに参加するかで使用するアプリが変わってきます。

私の場合は

プライベートでは「LINE」

ビジネス関係では「Facebook」

情報収集は「Twitter」

写真の「Instagram」

他にもガラケーの人とはSMSなど。

 

特にLINEはスタンプ1つで返事ができたり、不慣れな人が相手でも「既読」の確認ができたりと、その使いやすさから若い人たちからその家族へと広がり、2018年6月時点では国内ユーザー数約7,500万人とSNSの中ではダントツです。

 

 

コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

 

 

 

写真や動画の共有・無料通話などなんでもできるLINEですが、ちょっと困るのがユーザー登録時に制限がないためニックネームと画像無しで登録されると連絡先が誰だかわからなくなってしまいます。

 

 

 

アイコンだけでも自撮り写真にしてもらえば知り合いはすぐにわかるのですが、素顔に抵抗がある場合もLINEは撮影時にたくさんの加工を用意してくれています。

 

やり方は

自分のアイコンをタップ → プロフィールを設定 → 自分のアイコンをタップ → カメラで撮影

そのままでは素顔ですが左下のスマイルマークをタップすればいろいろなかぶりものが表示され確認しながら撮影できます(撮影は中央の○をタップ)。

 

 

 先日、親戚の集まりでこの機能を使って投稿するやり方を甥っ子・姪っ子に教えたあげたら大量の写真を送ってくれました。

 

 

 

さて、他力本願でなく連絡先をわかりやすくする方法があります。

それは友だちの表示名を書き換えてしまいます。

 

相手の表示名を変更しても自分のLINEの画面内だけなので相手にはわかりません。

ただし、自分のスマホを相手が見ることも無いとは言えないので、変な名前はやめておいたほうがいいでしょう。

 

 

連絡先から相手のアイコンをタップ

表示名の横にある鉛筆をタップ

自分がわかりやすい相手の名前を入力して保存

表示名の下の三角をタップすれば元の表示名も表示できます。

 

 

同じ手順で自分が入力した文字を削除して保存すれば元に戻せます。

お試しください。

 

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

http://www.misatokyousitu.com

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ