宅配便は近くのPUDOで受け取ろう!

こんにちは、パソプラ編集部です。

 

最近、駅や近くのスーパーなどで見かける機会が増えてきた「PUDO(プドー)」をご存知ですか?

 

 

PUDO(プドー)ステーション | パックシティジャパン

 

 

これは、Packcity Japan(パックシティ ジャパン)が提供している誰でも使えるオープン型の宅配便ロッカーでだそうです。パスワードを入れるだけの簡単な操作で、すぐに宅配の荷物を受け取ることが出来ます。

 

現在使えるのは「ヤマト運輸株式会社」「佐川急便株式会社」「DHLジャパン株式会社」「順豊エクスプレス株式会社」などだそうです。

 

 

以前の記事で、クロネコヤマトを例にコンビニ受け取りの方法を説明しました。

 

 

現在Amazonでは、注文時点では、受け取り場所としてPUDOは指定できないようです。

 

 

再配達や配達場所の変更を行う「クロネコメンバーズ」の画面内で配達場所として指定します。

 

クロネコメンバーズの画面にログインし「発送」扱いになっている伝票番号を選択

「日時場所変更」メニューに入ります。

「お受け取り場所の変更」の一覧より「PUDOステーション」を選択します。

(ここでは住所検索か駅名検索のどちらか)

 

 

 

近くの受け取り場所の一覧が表示され「宅配便ロッカー」を選びます。

 

 

 

 

後日、PUDOへの配達が完了すると、納品完了のお知らせがメールまたはLINEが届きます。

受け取りには「認証番号」を使います。

 

 

 

 

 

「受け取り」をタップします。

 

 

 

手元にある「認証番号」を入力します。

 

 

 

画面に受け取りのサインをするとロッカーの扉が開きます。

 

 

 

日中の受け取りが難しく、通勤や通学の途中にPUDOがあると簡単に受け取れるので使ってみると便利ですよ。

 

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ
パソプラ編集部
Instagram:@pasopla.writter
Twitter::@pasocoop

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ