Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

コルタナでChromeとGoogle検索

こんにちは、パソプラ編集部です。

 

Windows10の機能の一つに「Cortana(コルタナ)」があります。

コルタナ使ってますか?

 

 

コルタナとはスタートボタンのすぐ隣りにある音声認識機能付きのアシスタント機能のことです。 

スマートフォンの「Google検索バー」のようなものですが、パソコンでは音声検索よりもキーボード入力の方が早く、何回か使ってみたものの検索結果が残念なことが多くそのうち使わなくなってしまいました。

 

 

例えば「パソプラ セキュリティ」で検索すると

 

 

 

ブラウザ「Edge」が起動し「Bing」の検索結果が表示されます。

 

 

今ではコピー(Ctrl+C)したテキストをコルタナに貼り付け(Ctrl+V)、書式がクリアされたテキストを再度コピー(Ctrl+a、Ctrl+C)して別のアプリに貼り付けるぐらいしか使ってませんでした。

(他にも保存してあるファイルを検索するのにも使えますが)

 

 

せっかくスタートボタンの横という絶好の位置にあるコルタナを使わないのはもったいないです。

そこで、検索ワードを入れたときにブラウザ「Chrome」を起動し、「Google検索」するようにして使い勝手を良くしてみましょう。

 

以前は簡単に設定できたようですが、Windows10のアップデートでそのままでは変更できなくなったようです。

いくつかアプリを利用して設定します。

 

 

1.フリーソフト「EdgeDeflector」インストール

 

このソフトはコルタナ のウェブ検索結果を、既定のブラウザで開けるようにします。

 

次のリンクより「EdgeDeflector_install.exe」をクリックします。

 

Releases · da2x/EdgeDeflector · GitHub

 

 

ダウンロードされたファイルをWクリックし「Install」をクリックします。

「どのアプリで開きますか?」では「EdgeDeflector」をクリックし「常にこのアプリを使う」にチェック、「OK」をクリックします。

インストール画面の「Close」をクリックすればインストール完了です。

 

 

 

2.Chrome拡張機能「Chrometana」の追加

 

ブラウザChromeの拡張機能に「Chrometana」を追加することでBingの検索をGoogle検索にすることができます。

 

「Chrome」にて次のリンクを開き、「Chromeに追加」をクリックします。

 

Chrometana

 

 

「~を追加しますか?」にて「拡張機能を追加」をクリックします。

 

 

 

 

3.Windows10の既定のWebブラウザを「Chrome」に変更

 

最後に既定のブラウザをChromeに変更します。

 

「スタート」ボタン → 「設定(歯車)」 → 「アプリ」 → 「既定のアプリ」を順にクリックします。

Webブラウザの「Microsoft Edge」をクリックし、「Google Chrome」を選択します。

 

 

これで設定完了です。

先ほどと同じように「パソプラ セキュリティ」で検索すると

 

 

 

ブラウザ「Chrome」が起動して「Google検索」の結果が表示されるようになりました。

 

 

 

ちょっと設定が面倒ですが、使い勝手が良くなるのでぜひお試しくださいね。

 

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ
パソプラ編集部
Instagram:@pasopla.writter
Twitter::@pasocoop

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ