Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

注意!「あなたのアカウントはロックされています」

2018-12-27

こんにちは。デジタルライフ・コンシェルジュの増田由紀です。


先日、夫のメールアドレス宛に、突っ込みどころ満載のメールが来ました。
タイトルは「あなたのアカウントはロックされています。」

 

 

 

もうタイトルからして、あやしいですよ。こういうのは。
私たちはこういう体験何度もしているので、「え?何で? 何で今こんなのが来るの?」と、すぐにおかしいなと気が付きます。
だって今さっきまで、普通にiPhone使えているのです。
もしこのメールの指摘が本当だったら、今さっきやったアプリの追加なんて、できるわけないんです。

 

 

それにこのメール・・・
出だしが「氏/夫人」となっています。
日本ではなかなか見ない書き出しですね。
もうあやしいでしょ。

 

 

しかも、夫のApple IDは、Gmail(ジーメイル)ではありません。
そして謎の日本語、「付」って何でしょう。
もうね、3秒で「黒」判定ですね、こんなメール。
 

 


さらに決定的なのはこれです。
文中にある「https://Appleid.Apple.com」は、確かにAppleのページのアドレスなのですが・・・
 

 

 

そのアドレスをクリックすると、まったくアドレスの違う別のページに誘導されてしまいます。

 


もし
「Apple IDがロックされています」
「あなたのアカウントはロックされています」
「保護のため、Apple IDは自動的にロックされます」
「あなたのアカウントは一時的にロックされています」
などの表題でメールが届いたとしても、鵜呑みにはせずに、届いたメールをよく観察してみてください。
ちょっとでも変な文面であれば、疑ってみてください。

そもそも、Apple IDなどが「ロック」されていたら、アプリの追加などはできないはずですから、ためしに何かアプリを1つ入れてみるというのもいいかもしれません。


また、
https://www.icloud.com

というページを開き、自分のApple IDとパスワードを正確に入れて、ちゃんと使えるかどうかを確かめてみるのもいいでしょう。

 

いずれにしても、「え??ホントに??」と、メールを鵜呑みにしないことです。
しっかりと文面をチェックしましょう。

 

デジタルライフ・コンシェルジュ増田由紀
パソコムプラザ新浦安(千葉)
・教室HP https://www.pasocom.net/
・ブログ https://www.masudayuki.com/
・Facebook https://www.facebook.com/pasocomplaza
・Instagram https://www.instagram.com/yukinojo7/
        ・Twitter https://twitter.com/yukinojo7

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ