Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

Excelで「令和1年」を「令和元年」と表記する

こんにちは、パソプラ編集部です。

 

いよいよ明日から元号が「平成」から「令和」に変わります。

 

Excelで日付を和暦で表示する場合「平成31年4月30日」「令和1年5月1日」となります。

しかし慣例では「令和1年X月X日」より「令和元年X月X日」と表記するようです。

 

Excelでは表示形式を変更するだけで実数値を変えずに表記を変更することができます。

 

 

日付を入力したら範囲選択し、「Ctrl + 1」(「セルの書式設定」のショートカット)キーを押します。

 

 

 

セルの書式設定より「ユーザー定義」をクリックし、種類の下の行に次の文字列をコピーして貼り付けて「OK」をクリックしましょう。(2行で表示されている場合は2行とも)

 

[<=43585][$-411]ggge"年"m"月"d"日";[>=43831]ggge"年"m"月"d"日";"令和元年"m"月"d"日"

 

(内容は2019/4/30以前と2020/1/1以降は通常の和暦表記、それ以外は「令和元年」表記)

 

 

 

「令和元年」表記になりました。数式バーでは「2019/5/1」が表示されています。

 

 

 

セルの書式設定を変えているだけなので「=today()」などの関数でも使えます。

ユーザー定義はファイルごとに指定が必要なので、このページのブックマーク(お気に入り)

登録をお勧めします。

 

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ
パソプラ編集部
Instagram:@pasopla.writter
Twitter::@pasocoop

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ