Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。

スマホの着信相手が事前にわかるアプリ

こんにちは、パソプラ編集部です。

 

昨日の記事に、高齢者の固定電話を迷惑電話防止対策機能付きのものにして、迷惑電話を予防する記事を書きました。

 

 

「スマホの場合はどうしたらいいの?」

 

スマートフォンへの電話の着信は、連絡先に登録されていれば誰からの着信かわかりますが、それ以外の着信は番号だけの表示です。

 

これを登録されていない人からの着信をデータベースを元に表示してくれるアプリがあります。

 

 

 

「Whoscall(だれ電)」

 

 

 

次のような機能があります。

 

  • 迷惑電話をブロック・・・迷惑電話の可能性が高い着信を自動でブロック

  • 不明な番号を識別・・・データベースを元に番号の発信者を表示

  • 着信拒否リスト・・・リストに入れるだけで着信拒否ができる

  • 着信履歴検索・・・折り返す必要性の判断ができます

 

 

Androidスマホで説明します。

 

アプリを起動したら「使用開始」をタップします。

標準で使用する電話アプリとして「Whoscall」を選択し「デフォルトに設定」をタップします(ただし、通話料割引サービス等のアプリを使用している場合は変更しないでください。「キャンセル」をタップします。)

FacebookかGoogleアカウントにてログインします。

 

 

 

着信通知を表示するため「OK」をタップした後、通知表示をONにします。

これまでの着信履歴が表示され、電話帳に登録されていない発信者名が表示されるようになります。

 

 

 

「三(メニュー)」をタップすると次の機能が設定できます。

「拒否リスト」(+)をタップして通話履歴や入力して着信拒否が設定できます。

「オフライン識別」発信者データベースの更新です。定期的に「手動更新」をタップします。

 

 

 

有料プランにすると

●データベースの拡張(4~6倍)

●データベースの自動更新

●広告の非表示

ができます。

「プレミアムバージョンを購入」をタップして「半年払い」「年額プラン」「月額プラン」から選択します。

 

 

 

知らない番号からの着信が、事前に相手先の名前が表示されるようになると、ある程度予測して電話に出る(または拒否)ことができます。

一度試してみることをお勧めします。

 

 

スマホやアプリの使い方は、お近くの「パソコープ」のお教室へ

あなたのデジタルライフをデザインする教室 パソコープ

パソプラ編集部

Instagram:@pasopla.writter

Twitter::@pasocoop

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ