• 田中好明

もやもや〔3〕外字とおさらばIPAmj明朝フォント

こんにちは ディジタルライフ・コンシェルジュの田中好明です。

ちゃんと調べたことがなくて「もやもや」しながらでも、何となく使えるパソコンやスマホ。そんな疑問をシリーズでいくつかご紹介したいと思います。

シリーズ3回目は「外字」についてです。

思い通りの漢字が出てこない!手書きもダメ!「もやもや」しますよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、独立行政法人「情報処理推進機構」が無料で提供している「IPAmj明朝フォント」です。

約6万字登録されていて、行政の戸籍関連のシステムにも利用されているようです。

企業/個人、商用・非商用を問わずダウンロードして利用できるので、パソコンにインストールしておくと、いざというとき助けてくれますよ (^^)/

IPAの文字情報基盤導入パンフレットからの抜粋です。

◆ダウンロードとインストール

IPAmjフォントのダウンロードサイト。利用条件やライセンス、インストール方法も掲載されています。

IPAmj明朝フォント | 文字情報基盤整備事業

◆使い方

インストール後、文字情報基盤データベースサイトを使って文字を検索します。

検索で出てきた文字を、該当文書にコピペします。

MJ文字情報検索システム | IPA

①「基本検索」をクリックします

②「よみ」に“ひろ”を入れて検索してみます

③4種の“ひろ”が出てきました

④MJxxxxxxをクリックし、コピーフィールドの文字をコピーして編集中の文書に貼り付けて使用します

パソコンの先生の悩みの一つが、人名の表記で「変換された漢字が微妙に違う」と言われることです。いろいろ手を尽くして、言われる「漢字」を出そうとしますが、出てこないときは、外字を作成して生徒さんのPCに設定します。

外字は、画面表示は良くても印刷で文字化けしたり空白になったり、生徒さんが自宅で印刷される場合はなおさら、厄介で・・・(-_-;)

「IPAmj明朝フォント」で外字トラブルから解放! (^^)/

ディジタルライフ・コンシェルジュ 田中好明(熊本) わく楽パソコン教室 https://www.wakuraku-pc.com/ http://www1.wakuraku.com/ https://www.facebook.com/wakurakuPC

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。