top of page
  • 長映世

Scratchで楽器を作ってみた

こんにちは! マスクが品薄な今日この頃、皆様お変わりありませんか。 デジタルライフ・コンシェルジュ 長 映世です。

プログラミングというと、ゲーム系のイメージがあります。 でも今回は簡単で楽しめるプログラムをと思い、Scratchで楽器を作ってみました。

では早速、いっしょに作ってみましょう。

Google ChromeでScratchのページを開きます。

【作ってみよう】をクリックします。

チュートリアルの画面は閉じます。 今回はネコのスプライトは使わないので、ゴミ箱をクリックします。

【スプライトを選ぶ】から【描く】をクリックします。

円の図形と文字入力で【ド】のスプライトを作りました。

【音】タブをクリックし、【音を選ぶ】をクリックします。

カテゴリーから【音楽】を選択し、【C Piano】を選んでみました。ピアノのドの音です!

あとで使うことを考えて、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの音を準備しました。

【ド】のスプライトを右クリックして【複製】で増やします。

スクリプトができてからの複製の方がよいかとは思いますが、考えながらでしたのでよしとしてください。(笑) 【ド】のスプライトがクリックされた時、ピアノのドの音が鳴るようにします。

【ド】のスプライトをクリックすると、ドの音が鳴ります!

今度は【レ】になるスプライトを選択して、音を変更します。

コスチュームも「レ」に変更。

【レ】のスプライトをクリックすると、レの音が鳴りましたよ!

こんな調子で、上の「ド」の音までスクリプトとコスチュームを修正しました。

見た目がシンプルなので、背景を付けましょう。 【背景を選ぶ】をクリックします。

カテゴリーから【音楽】を選択し、【Concert】を選んでみました。

いい感じです!

演奏中のリズムが欲しくなってきました。 【背景】をクリックします。

【音を選ぶ】をクリックし、【ループ】から【Drum Funky】を選んでみました。

【スタートボタン】がクリックされたら、ずっとリズム音が鳴るようにしました。

リズム音を聞きながらクリックして演奏すると、間に合わない感じです。 クリックではなく、キーに置き換えることにしました。 「ド」は【a】キー、「レ」は【s】キー、「ミ」は【d】キー、・・・上の「ド」は【k】キー。

演奏中、踊ってくれるスプライトを追加しました。

読みこんだスプライトにコスチュームが4つあったので

4つのコスチュームがランダムに出てくるようにしました。

ひとりではさみしいので、ダンサーもう一人。

こちらのダンサーはコスチュームが順番に変わるようにしました。

どの音を弾いているのか、目で見てわかるように、音のスプライトに色違いのコスチュームを増やしました。

【a】キーを押したとき、「ド」の音が鳴って【ド】のスプライトが一瞬ピンクになるようにしましたよ。

さぁ!演奏です。うまく弾けるかな。 ドレミの歌を演奏してみました! 音楽は音楽の授業程度の知識しかありませんので、多少のみだれはお許しください。

「Scratchで楽器を作ろう」

いかがでしたか? ゲーム以外にも、楽しめそうなプログラミングがたくさんありそうですね! Scratchに挑戦しているお子さんから大人の方。ぜひぜひオリジナルの楽器を作ってみて下さいね。

そしてこまめな手洗いもお忘れなく。

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 長映世(ちょうはるよ)

パソコン・スマホ・iPad・こどもプログラミング

パソコン教室ピーシーポポ(栃木)

最新記事
アーカイブ
タグ検索
bottom of page